[Beat Saberで斬こう] 史上最高の難曲 ヨルシカ「八月、某、月明かり」果たしてクリアできる日が来るのか?

久し振りのBeat Saber投稿です。


ヨルシカの代表作「八月、某、月明かり」があまりに面白過ぎて、というか、あまりに難し過ぎて、毎日こればっかりやっています。



昨年11月にBeatSaberを始めてから、Expert+のカスタム曲を中心に100曲近くをプレイしてきましたが、この「八月、某、月明かり」のカスタム曲は、おそらく今まででダントツに難しいのではないでしょうか。

何度挑戦しても、最初の3秒と持ちません。


あまりに難しすぎるので、Practice Modeでスピードを80%に落として練習しているのですが、Practice Modeでも未だに一度もクリアできません。


おそらく80%でクリアできたとしても、オリジナルの100%スピードでクリアするのは至難の業でしょう。


もしかしたらBeatSaberをいくら練習してもこの曲だけは一生クリアできずに終わってしまうかもしれません(笑)

1. ヨルシカの「八月、某、月明かり」

ヨルシカは、ボカロから派生したバンドの名前です。メンバーは、作曲作詞のn-bunaと、女性ボーカルのsuisさんの二人です。

TVやメディアでの露出は皆無、女性ボーカリストの顔出しもありません(ライブでは顔を出しているようです)。

この曲は、2019年に発売されたヨルシカの1stアルバム「だから僕は音楽を辞めた」に収録されている曲です。

「だから僕は音楽を辞めた」

「だから僕は音楽を辞めた」は、ヨルシカ初のフルアルバムで、邦楽にしては珍しく、コンセプトアルバムになっており、音楽を辞めることになった青年が”エルマ”へ向けて作った楽曲、全14曲を収録した内容です。

収録曲には、「八月、某、月明かり」以外にも、アルバムタイトルの「だから僕は音楽を辞めた」をはじめ、「わかんないよーわかんないよー」と素直に嘆き飛ばす「詩書きとコーヒー」など、一度聴いたら印象に残る曲が目白押しです。

ヨルシカ - 八月、某、月明かり (Music Video)

「八月、某、月明かり」は、娘たちがヨルシカを最初に聴き始めたのがこの曲だったと思います。

以下歌詞を引用します(出典: 八月、某、月明かり/作詞:n-buna 作曲:n-buna)


何もいらない

心臓が煩かった 歩くたび息が詰まった
初めてバイトを逃げ出した

音楽も生活も、もうどうでもよかった
ただ気にくわないものばかりが増えた

八月某、月明かり、自転車で飛んで
東伏見の高架橋、小平、富士見通りと商店街

夜風が鼻を擽った この胸の痛みは
気のせいだ
わかってた わかった振りをした

最低だ 最低だ
僕の全部最低だ
君を形に残したかった
思い出になんてしてやるもんか

最低だ 最低だ
気持ちよくて仕方がないわ
最低だってこの歌詞自体が

人生、二十七で死ねるならロックンロールは僕を救った
考えるのもやめだ!
どうせ死ぬんだから
君も、何もいらない

(引用おわり)

ヨルシカの曲はどれも歌詞がとても独創的なのですが、この曲は特別に過激ですね。

「最低だ 最低だ 僕の全部最低だ」

なんて歌った若者向けソング(死語か?)なんて、これまで無かったと思います。

ストレートに感情を表現していてドキッとさせられます。

私は、これまでの人生で(大袈裟か?)邦楽はほとんど興味がなかったのですが、ヨルシカは本当に良い!

ドラムもギターも演奏にオリジナリティがあって素晴らしいです。

ちなみに、rockin'on.comの記事「【10リスト】ヨルシカ、一生聴き続けられる名曲10はこれだ!」は、ヨルシカのおススメ曲を非常に良くまとめています。

2. 「だから僕は音楽を辞めた」Expert+レベル

このカスタム曲は、元々が超ハイテンポなこともあり、とにかくブロックのスピードが半端ではありません。

飛んでくるパターンも複雑で、ブロックをひとつでも斬り損ねると、すべてのリズムが狂ってしまいます。

まずは通常スピードでご覧ください

「八月、某、月明かり」(Expert+)失敗

こんなカスタム曲一体誰が作ったんだ!と怒りたくなりますね(笑)

カスタム曲は、いつものようにBeastSaberからダウンロードしました。


レベル設定がExpert+しかないので、存在自体が敷居が高いです。

以下はおそらく100回以上Practice Modeで練習したあとにプレイしたもので、これまで最も先まで進んだヤツです。

「八月、某、月明かり」(Expert+)失敗その2

「何も言えない」から、たぶん10秒くらいでしょうか。。。これでも奇跡的に持った方です。

3. Practice Modeで練習中

そこで、Practice Modeでスピードを下げて練習を繰り返しました。

最初は目いっぱい、50%まで下げてブロックの飛んでくるパターンを覚えます(というか、パターンを覚えるのはムリなので、飛んでくる傾向に身体を慣らす訓練です)。

これで毎日1時間、約1週間トレーニング(笑)

だんだんスピードを上げていって、現在は80%で練習をしています。


冒頭をクリアして、ようやく4分くらい、終盤の間奏くらいまで辿り着くことができました。

「八月、某、月明かり」(Expert+)
Practice Mode (80%) 途中まで

「最低だ 最低だ 僕の全部最低だ」のサビのところの赤のブロックをミスせずに斬るのが特に難しいですね。

さらに、1番と2番でブロックのパターンが結構違います。

上の動画でゲームオーバーになってしまった所なんかは、ボーカルの叫び声と共に猛烈な勢いで赤と青のブロックが入り乱れて飛んできます。

しかし、ここをバサバサと斬り捨てるのは快感以外の何物でもない!

BeatSaberが中毒になってしまうのは、まさのこの快感を身体が求めるから。

いやーBeatSaberホントにクセになりますね。。。廃人にならないように気を付けないと(笑)

もし80%がクリアできるようになったら、次は90%, 95%とだんだんスピードを上げる予定です。

しかし、いくら練習しても、この100%をクリアできるようになるとは到底思えません。。。

[記事内容に関係ないですが、このブログ記事がちょうど500本目でした]

コメント