[RX-TX-10でテレビの音声をBluetoothで飛ばす] 1台2役の格安オーディオトランスミッタレシーバー

テレビの音声をワイヤレスヘッドフォン/イヤホンに飛ばしたい場合に、Bluetoothのオーディオトランスミッターが必要です。

また、スマホの音楽をワイヤレスでスピーカーで鳴らしたい場合には、Bluetoothのオーディオレシーバーが必要です。

その両方を一台二役でできてしまうのが、RX-TX-10という格安オーディオトランスミッタレシーバーです。

RX-TX-10

Amazonで973円(送料無料)で入手しました(販売元や価格は変動します)。

巷のBluetoothのオーディオトランスミッターやレシーバーが2000円~3000円で、しかも片方の機能しかないのに比べると、破格の値段です。

製品は中国のKKmoon社製ですが、品質は問題なく、小型でマットブラックな造りは肌触りも良く、満足度の高い製品です。

↓の製品はKKmoon社製(現在品切れ中)ではありませんが、同じような一台二役の製品です。


1. RX-TX-10

RX-TX-10のパッケージには、USBケーブル、ステレオミニプラグケーブルと説明書が付属しています。


以下RX-TX-10の仕様です。


モデル番号: RX-TX-10
Bluetooth バージョン: 4.2
プロトコル: A2DP 、 AVRCP
伝送距離: 10メートル (オープンスペース)
バッテリー: 内蔵 200mAh 充電式リチウムポリマー電池
駆動時間: 約10時間 (オーディオボリュームに依存)
充電時間: 約2時間
充電: マイクロ USB 5V
出力: 3.5ミリメートルステレオインターフェイス
入力: 3.5ミリメートルステレオインターフェイス
色: 黒
本体サイズ: 6.3x4.0x1.0cm
本体重量: 17g

また、受信モードでは、2台のスマートフォンと同時にペアリングできるので、TVの音声を二人で聴くような使い方も可能です。

充電するには、USBケーブルを接続します。2時間のフル充電で最大10時間使えるようです。


1枚の英語の説明書が入っていますが、読まなくても使い方はわかると思います。

2. RX-TX-10の使い方

2.1 トランスミッターとして使う場合

トランスミッターとして使う場合(TVの音声をワイヤレスヘッドフォン/イヤホンに飛ばす)は、右側のTXという端子に付属のコードを接続して、コードの反対側をTVのヘッドフォン出力端子(ミニプラグ)に接続します。

TX端子に接続

TVのヘッドホン端子に接続

ペアリングは、まず、ペアリング先のヘッドフォン/イヤホン側の電源をオンにしてペアリング待機モードにしておきます(通常は、電源オンのときにそのまま長押しをするとペアリングモードになります)。

その状態で、RX-TX-10本体の3つのボタンの中央にある電源ボタンを押して電源を入れます(上部のインジケータが赤と青に交互に光ります)。

次に、3つのボタンの左右のプラスとマイナスのボタンを同時に長押しします。

長押ししながら、ペアリング先のヘッドフォン/イヤホンのペアリングが完了するのを待ちます。

機器によっては10~20秒くらいかかりますが、辛抱強くペアリングが完了するまで長押しします。

ペアリングが完了すると、次の接続からは自動的に接続先のヘッドフォン/イヤホンを見つけてくれます。

2.2 レシーバーとして使う場合

レシーバーとして使う場合(スマホの音楽をスピーカーに飛ばす)は、左側のRXという端子に付属のコードを接続して、コードの反対側をスピーカーの外部入力端子(AUX端子、ミニプラグ)に接続します。

RX端子に接続

スピーカの外部入力接続(AUX)端子に接続

次に、RX-TX-10本体の3つのボタンの中央にある電源ボタンを押して電源を入れます(上部のインジケータが青く光ります)。

ペアリングは、3つのボタンの左右のプラスとマイナスのボタンを同時に長押しします。

これでRX-TX-10がペアリング待機状態になったので、次にスマホの操作をします。

スマホのBluetooth接続がオンになっていることを確認して、Bluetooth一覧からRX-TX-10というデバイスを選択して接続を選べば、スマホとRX-TX-10が接続されます。

スマホのBluetooth画面

ペアリングが完了すると、次の接続からは自動的に接続先のスマホを見つけて接続してくれます。 

RX-TX-10は、使い勝手も良く、音声も遅延なくクリアに伝送してくれます。試しに自宅の1階の寝室から2階のリビングまで移動したところ、ギリギリではありますが何とか繋がるくらいの性能があるので、10mの距離であれば全く問題なく途切れることもなく繋がります。

3. 入手方法

このブログを書いている現在(2020年5月4日)、アマゾンでは出品者(FTQ e-commerce Ltd)からの購入のみ可能となっており、中国からの発送となるのでおそらく2週間くらいはかかると思われます。

アマゾンの在庫が復活すれば通常の配送で届くようになるかと思います。

また、アマゾン以外でも、楽天市場やYahooショッピング、AliExpressなどからも購入が可能のようです。

コメント

  1. こんにちは。
    記事を読ませていただきました。
    今回私もRX-TX-10を購入したのですが、スマホとのペアリングは出来た一方、AirPodsとのペアリングが出来ず悩んでいます。
    ずっと赤青の点滅が続いてしまい、どのようにすれば良いのか分かりません。
    もしなにかお分かりになれば教えて頂けませんでしょうか。
    よろしくお願いします。

    返信削除
    返信
    1. こんにちは、ブログ訪問多謝です!
      当方、あいにくAirPodsを持ち合わせていないので確認ができないのですが、中国製のBluetoothイヤホンとの接続は問題なくできました。間違いはないと思いますが、AirPodsとの接続の場合はTX(送信)モードでの設定となります。

      削除
    2. 返信していただき、ありがとうございます!!
      TXモードでペアリングをしているんですが、AirPodsの方はランプが変わるのに、RX-TX-10は点滅がずっと続いてしまうんです…
      モニオ様の方のBluetoothイヤホンは接続出来たとのこと…相性、なのでしょうかね…??

      削除

コメントを投稿