【iPhone7に機種変で実質月額0円⁉】UQモバイル契約更新月の引き止めプランが大チャンス

現在UQモバイルに加入して、スマホはiPhone6を利用しています。
これは2年前にauからMNP乗換でUQモバイルの格安プランに加入したときのものを、そのまま使っています。

iPhone6は原則SIMロック解除ができない最後のiPhoneシリーズなのですが、2年前の当時UQモバイルがauのiPhone6からの乗換えプランを始めたので、それ以降はじっとUQモバイルを利用していました。

この経緯は以前のブログにも書きました。

iPhone6 をSIMロック解除せずに格安スマホに乗り換える

そのiPhone6も気が付けば契約2年で、俗に言う「契約更新月」がやってきました。

いわゆるスマホの「2年縛り」が解けたということです。

「契約更新月」は、2年に1回だけ違約金9500円を払わずに他社へ乗換えができるチャンスの月であり、他社乗換えをしたほうが月額利用料金を安くできる場合が多く、絶好のMNPチャンスでもあります。

当初はYモバイルへの乗換えに決めかけたのですが、土壇場でUQモバイルから引き止め案を提示してもらい、機種変更(iPhone6 → iPhone7)の上で継続することに決めました。


結果、SIMロック解除可能なiPhone7への機種変更だけでなく、今後2年間の月額利用料金を実質0円!に抑えることに成功しました。

2019年10月からは、端末と回線契約のセット販売を禁じる「改正電気通信事業法」が施工されるので、セット販売の割引を狙うなら、今が最後のチャンスでもあります。

以下、備忘録も兼ねて記事にまとめました。

1. 現行のUQモバイルのプランについて

現行加入中のUQモバイルのプランは「おしゃべりプランS」という、5分間までの通話は無料、データ容量は月3GBまで無料のものでした。

契約1年目(2017円8月~)の月額は、基本料金が1,980円と格安でした。

さらに、家族割をフル活用して、家族と兄弟や両親のスマホも全部UQモバイルに乗換えした結果、4台のスマホが家族割500円が適用されて、基本料金1,480円と抑えることができました。

しかし、契約2年目(2018年8月~)からは、イチキュッパ割の月額1,000円割引がなくなり、基本料金が2,980円と高くなってしまったのです。

契約3年目(2019年9月~)からは、スマトク割の月額1,000円割引が「長期割」という名前に変わりますが、基本料金は2,980円に据え置きになります。

以下は先月(2019年7月)の明細です。通話料は無料範囲でしたが、合計3,227円でした。

UQモバイルの月額利用料金明細

月の支払い料金が3,000円超えではもはや格安スマホとは呼べません。。。

そこで、契約更新月を迎えた今こそ、他社乗換えで基本料金を引き下げようと考えました。

ただし、前述のとおりiPhone6はSIMロック解除ができないので、UQモバイルから他の格安スマホへの乗換をするには、同時に機種変更をしなければなりません。

iPhone6もそろそろバッテリーの寿命も悪くなったので、機種変更の時期を迎えています。

機種変更を前提条件として、他社の格安スマホプランへの乗換えをいろいろ検討すると、どうやらYモバイルへの乗換が一番オトクだということがわかりました。

2. Yモバイルへの乗換プラン(店頭での提示プラン)

まずはじめに検討したのは、近所にあるYモバイル/ソフトバンクの店舗で提案された、乗換えプランでした。

まず、iPhone端末はそのままで、SIM単体での乗換えであれば、ワンキュッパ割とSIM単体契約特別割引が適用され、月額利用料は約1,700円とかなり低く抑えることができるプランでした。

SIM単体での乗換えプラン

しかし、前述のとおり現在のiPhone6sはSIMロック解除ができないので、このプランは適用できません。

そこで、次にiPhone7への機種変更を伴うYモバイルへの乗換え案をもらいました。

ワンキュッパ割と下取りプログラム(iPhone6 8,400円)を入れて、月額3,735円と結構高くなります。

iPhone7への機種変更を伴う乗換えプラン

iPhone7は1世代前の旧機種ですが、まだ市場にはそれなりに出回っており、価格も32GBで72,576円と、値崩れもしていないようです。

iPhone7の一括購入で72,576円を払えば、残りの2年間は月額は700円と格安になりますが、果たしてiPhone7への機種変更に72,576円もかける価値があるかどうか。。。

iPhone6sへの機種変更も検討しましたが、端末価格はiPhone7と数千円しか変わりません。

見積書をもらって自宅で検討しますということで、その日はひとまず帰宅しました。

3. Yモバイルへの乗換プラン(ネットでのプラン)

自宅に戻ってネットでいろいろ検索したところ、「ワイモバイルのiPhone 6sが実質500円!PayPayもらえるキャンペーンを忘れずに」というスゴイ記事を見つけてしまいました。

「ワイモバイルのiPhone 6sが実質500円!」

このプランによると、YモバイルのプランS(ベーシックプラン、UQモバイルのおしゃべりプランSとだいたい同じ条件)であれば、分割契約で月額利用料は1,980円(2年目以降は2,980円)となります。

しかも、iPhone6sの端末代金は、分割契約の場合は頭金500円ポッキリ!になります。

これは上記UQモバイルでiPhone6sを買った場合と比較しても約10,000円ほど安くなる計算になります。

おまけに、PayPayのキャンペーンと連動しており、毎月5日、15日、25日の「5のつく日」に新規/MNPで対象機種を契約すると、なんと10,555円分のPayPay残高がもらえてしまうという特典付き!(ただし前月までにYahoo!ID登録済が条件)

最大15,555円分のPayPayがもらえる!

さすがPayPayを傘下に持つYahoo!の強さですね。

注意事項として、このキャンペーンは、Y!mobileオンラインストア(Yahoo! JAPAN運営)だけで開催されているもので、もうひとつのY!mobileの公式オンラインストアである「Y!mobileオンラインストア」や、実店舗では開催されていないものだということです。

店舗は店舗ごとに独自のキャンペーンをやっているのと同じで、オンラインストアもし烈な顧客獲得合戦が激しいのですね。。。

うーむこれはスゴイ!!

ということで、訪問したYモバイル/ソフトバンクの店舗には電話をして、申し訳ないけど契約はネットでやることにしました、と伝えました。

4. UQモバイルの継続キャンペーン

上記のiPhone6s実質500円+PayPay10,555円に決めたので、他社乗換えのための予約番号を発行してもらおうと、UQモバイルに電話を入れました。

「あのー現在の契約を解約して他社乗換えをしたいのですが。。。」

と切り出したところ、どちらのキャリアへの乗換えですか?と聞かれたたので、素直にYモバイルですと答えたところ、

「弊社の継続プランもございますがご案内しましょうか?」

と。

まあ話を聞くだけ聞いてみよう、どうせショボイ内容に違いない、と思って詳細を聞くと。。。

・継続利用割引(基本料金の1,000円割引)を(長期割に加えて)今後24ヵ月継続
・データ増量オプション料(1GB)を今後24ヵ月無料
・iPhone7への機種変更の一括支払いを58,100円で提供、機種変更手数料3,240円が無料
・iPhone7購入に10,000円のキャッシュバック適用

との4つの驚くべき特典を提示されてしまいました。。。

この特典を利用するとどうなるかというと、iPhone7を58,100円から1万円引きの48,100円で購入できて、さらにマンスリー割という1900円という特別割引が2年間続くので、

月額3,980円(おしゃべりプランS)- 長期割1,000円 - マンスリー割1,900円 - 継続利用割引(特別割引)1,000円 = 実質0円!!!

なななんと、今後2年間の月額支払いが実質0円になる計算です!!!

(ユニバーサルサービス料の3円と、通話料金の超過分が発生すればそれが課金されます)

しかも、現行のUQ家族割も継続できるというメリットもあります。

今のiPhone6が家族割の親回線になっていて、他の4台がぶら下がっているので、他社乗換えだと親回線の切替手続きが発生するので面倒なことになります。

こんなウマい話があって良いのでしょうか。。。?

いや、こんなウマい話があるのです!

「では、他社乗換えは止めにして、あと2年間継続でお願いします!」

と、その場でこの提案を受けました!

解約の電話が、結局継続利用と機種変更の申込みになってしまいました。。。

後日機種変更受付センターから電話が入ります、とのことで、翌日に電話が入ったので、機種変更の手続きを電話で済ませました。

5. UQモバイルの引き留め案

その後、ネットでしらべたところ、「UQモバイル引き止め案で割引や機種変更キャッシュバックはある?」「UQモバイル「おしゃべりプラン」S/M/Lの2年後の料金は?電話を使わない人は損をする?」というサイトを見つけました。

そこには、

「UQモバイルでは継続利用割引が一切ありません。3年目以降も継続利用されるお客様への継続利用特典が一切ないので継続するメリットがありません」

「ただし、他社への乗り換えをする際に解約の電話をすると、引き止めがあり、そこで割引の提案をされます。UQモバイル引き止めキャンペーンでは、2年間基本料1000円割引、500円増額オプションなどが用意されていたりします」

と書かれていました。

「実際に、引き止めで出される案というのは実にさまざまです」

とあり、

「UQモバイル引き止め事例1:「イチキュッパ割」と「増量オプション料無料」24ヵ月継続」

。。。これはまさに私が受けた提案と近いですね。

私の提案は、イチキュッパ割ではなく、マンスリー割+継続利用割引で合計3,000円の割引だったので、上記の例よりもさらにオトクでした。

私の場合は、これにiPhone7への機種変更で10,000円のキャッシュバックがついた格好です。

iPhone6sへの機種変更だとさらに割安だったのですが、UQモバイルのiPhone6sは在庫が少ないようで、カラバリも少ないようでした。

iPhone6sでも良かったのですが、差額が7000円くらいだったので、ApplePayも使えるiPhone7へ機種変更に決めました。

消費税が10%に上がり、政府もキャッシュレス社会への移行を促進しているので、ApplePayが使えると何かとキャンペーンも増えるだろうという予測です(実際にクレジットカードをApplePayに登録して利用すると20%キャッシュバックなどというキャンペーンが最近増えています)。

最近業界大手のJCBもこのキャンペーンを始めました。


このJCBのキャンペーンも、iPhone6sではダメで、iPhone7以降が必要となります。JCBカードをApplePayに登録(実際にはWalletに登録してQuickPayで支払い)すると、最大10,000円がキャッシュバックというのは魅力的だと思います(手持ちのJCBカード枚数分可能)。

6. UQモバイルのiPhone6の流用

今回は、UQモバイルを継続利用して、端末はiPhone6からiPhone7に機種を変更しましたが、使わなくなったiPhone6は、実家の父親に譲りました。

実家の父親は、3年前からUQモバイルでiPhone5sを使っているのですが、iPhone5sの画面が小さいので文字が読みにくく、ちょうどiPhone6以上の画面サイズにしたいと考えていたタイミングでした。

UQモバイルに確認すると、simカードを抜いて、入れ替えれば問題なく利用できるはずだということで、iPhone5sのsimカードを抜いて、iPhone6に挿入したところ、見事に通信ができることが確認できました。

そこで、まず、iPhone5sをPCにバックアップ(保存先のリンクを修正してCドライブではなく外部のHDDにバックアップに変更)して、次にiPhone6にそのバックアップから復活をさせました。


果たして上手く行くのか不安でしたが、見事にiPhone5sのバックアップがiPhone6に復活することができました。流石Appleです!!

これで、実家の父親も、これまで使っていたiPhone5sと同じ環境で、iPhone6の広い画面を使えるようになって大満足です。

iPhone6(左)とiPhone5s(右)

実は父親の端末は、iPhone7への機種変更をUQモバイルにすでに発注していたのですが、運転免許証の代わりに身分証明としてスキャンして送った運転経歴証明書が、受領されずに、発注が止まっていました。

そもそも運転経歴証明書は、運転免許証の代わりの役割として活用されるべきなのに、身分証明で運転経歴証明書が受理されないとは、本末転倒ですが、結果的にはこのUQモバイルの不可解な契約ポリシーが、iPhone6の流用という良い結果に繋がったのは皮肉ですね。

7. 2年後の契約更新月(2021年8月)には?

今回は、UQモバイルを継続利用にしましたが、果たして2年後はどうなっているでしょうか??

現在の割引は2年間有効なので、今後2年間の間に乗り換えをすることはないと思いますが、2年後には再びUQから引き止めの提案を受けることになるのでしょうか?

iPhone7であれば2年間くらいはしばらく不自由なく使えると考えると、再び電話口で引き止め提案を受ける可能性が高そうですが、果たしてどうなるでしょうか。

コメント