[Off The MAAP Tour Stage 1 Race (C)] - Zwiftで初めてのレースに参加(レース後はランとスイム練)

Zwiftのイベント、Off The MAAP Stage 1 Race (C)に参加しました。
MAAPはイタリアの高級サイクルウェアブランドです。洗練されたデザインのウェアですが、日本ではあまり馴染みが薄いでしょうか。。。

グループライドとレースのどちらかを選択できたので、レースを選択しました。
Zwiftで初めてのレース参加です。




MAAPのイベントは4つのStageのイベントが開催されるようで、今日は初日でした。

コースは、New YorkのRising Empireです。


Rising Empire (ZwiftInsderより引用)

距離:20.8km
標高:378.7m
W/kg:2.5-3.2W/kg

マンハッタン市街地を高速で走り抜けるコースです。高速道路のアップダウンKOMが2か所あります。

このコースは走ったことがなかったのでルートコンプリートにもなって好都合でした。


最初はレベルB(3.2-4.0W/kg)を選んだのですが、思い直してレベルC(2.5-3.2W/kg)に変更しました。

直近のグループライド7 Days of Tarmac SL7の3つのステージの結果が、
Stage1: 3.2W/kg
Stage2: 3.5W/kg
Stage3: 3.3W/kg
だったので、BかCかは微妙なところでした。

今日は友人のKOさんと一緒に走る予定です。KOさんはつい最近Zwiftを始めたばかりですが、猛烈な勢いで脚力を伸ばしてきていてビックリです!

私はZwiftのトレーニングメニューは苦手で全くやっていないのですが、KOさんは4週間?も続くメニューを毎日欠かさず消化しているのでスゴイ!

今日のレースは15:02開始で、そのあと16:00から開始のROUVYのレースにも出る予定でした。

なので、あまりガチで走らないつもりでした。

が、グループライドのようなイベントだといつも雰囲気に呑まれてしまい、不必要に踏み込んでペースを崩してしまうんですよね。。。

参加者は100人くらいでしょうか、レースって意外と少ないのでしょうか。参加人数がたくさんいたほうが気分的にラクなのですが。。。


15:02定刻にスタート


200Wくらいで様子を見ます、現在90人中34番くらい。いい位置ですね。


で、いつものクセで、いきなり踏み込んでみました!
すると。。。


なんと1位に躍り出ました(笑)、こんなアホな走り方して良いのでしょうか??


まあ1位は気持ちが良いのでたくさん写真を撮ります。


しかし300W以上キープができるわけもなく、あっという間に36位まで後退。


それでも先頭集団に食らいついて、16位くらいまで順位を上げました。


近未来の高速レーンを走ります。未来のマンハッタンですね。


なんとなく、再び踏み込んだところ。。。


またまたトップに(笑)


周囲からはさぞかしアホなライダーに見えていることでしょう!


もちろんあっという間に脚が売切れて43位まで後退します。


ここらへんからは同じペースのグループで協力して走ります。
友人のKOさんも一緒です。


10km地点を通過、もう半分来ました。


フェザーウェイトはあまり好きではないのですが、ここで使うことに。


15km地点を通過、順位は33位まで上昇、結構苦しい。。。


このグループに付いて行くのはキツすぎると判断、グループから脱落しました。


スタートから30分が経過、New York KOMに入ります。


もうすぐ獲得標高が300mを超えますね、市街地ルートなのに意外とアップダウンが激しいです。


40位をキープ、前後もまばらになりました。
そういえばパワー表示がいつの間にオフになっているのに気付き、オンに変更。


残り2km。J.Scottというライダーと一緒にゴールを目指します。


残り1kmで残っていたエアロブーストを使って踏み込みました!


が、踏み込むのが早過ぎて1km持続できず。。。ゴールを目前にして178Wまで大減速、カッコ悪い。


で、ヘロヘロ状態でゴール。。。順位は幸いにも40位と変わらず。


ゴール前のスプリント勝負だったら、次々に追い抜かれて悲惨な結果になるところでした。500mくらい前で踏み込むのが正解なんでしょうか。。。

39分05秒、平均203W、92位です。
40位でゴールしたのですが、92位というのはおそらくABCDE全レベル総合の順位ですね。


こうして初のレースを完走できました。


友人のKOさんもすぐ後ろでゴール!お疲れさまでした😃



39分05秒
順位はCグループで40位/92人、総合で92位
平均パワー203W (3.5W/kg)

パワメにしてからコンスタントに平均200Wオーバーで走れているのは嬉しいですね。


以下はZwiftPowerのサイトのデータです。


レベルは21で変わらず、しかし累積獲得標高が30,000mを超えました!


トロンバイクまであと20,000m。。。なんとなく行けそうな気が?

こうしてZwiftの最初のレースを無事に終了しました。

(以下はZwiftに関係ない余談です)

レースを終えて、次のROUVYのレースの準備をします。
あと10分くらいで始まってしまいます。。。

なんとかバタバタしながら準備を完了して、ROUVYにログイン、レース参加を選びました。

参加するレースは #1 Drafting Series - Canyonville Asia (25.87km)です。事前登録も済ませてあります。

#1 Drafting Series - Canyonville Asia

。。。が、何度Startを押してもエラーが出てしまい参加できません。

エラーメッセージを良く読むと

This online race is restricted to smart trainers.

なななんと、レース参加はスマートトレーナー限定だそうです。。。事前に良く調べておけば良かった。

指をくわえてレースを見学することしかできません。。。なんか虚しい。。。


参加できないレースを観ていても仕方ないので、そうだ!この暑いときにこそ敢えてトライアスロンのトレーニングをしようと突然思い付き、汗だくのウェアのままランニングシューズを履いて外にジョギングに出かけることにしました!


都内は最高気温35度の酷暑でしたが、曇り空で暑さもピークを過ぎていたので何とかなりそうです。

が、数分走っただけで滝のような汗が。。。やはり暑いは暑いですね。

Zwift直後で脚の筋肉がほぐれているのか、いつもはスロースタートで後半加速するのですが、今日は最初から脚が前に進みます。


すれ違った白髪のおじさんランナーが「今日は暑いね!!!」と笑いながら声をかけてきました。

私もすかさず「暑いですね!」と返しました。ランナーと声を交わすことは滅多にないのですが、今日は何となく連帯感を感じました(笑)。


で、近所の公園のオフロード区間を疾走!

蝉の鳴き声が盛大に響き渡ります。夏真っ盛りですね。


しばらく外出を控えていたこともあって季節を初めて実感しました。

しかし、こんな酷暑のなか、ジョギングしている人が結構多くて驚きです、みんなどんだけ走るのが好きなのか(笑)

10km走って最後は心拍数が180まで上昇、かなりキツかったですが。。。何とか10km走りました。


ぺースは5分49秒、まあこんなもんでしょう。

心拍計をつけるようになってから、Stravaでは心拍数を直接拾ってくれない仕様なので、RunKeeperを使って記録を残すようになりました。

RunKeeperの心拍数付きのデータをあとでStravaに転送する仕組みでStravaにも記録が残せます。


ランが終了したので、次はチャリで近所の区民プールに。


今日は日曜日、お盆休みの最終日なのでプールは結構混んでいました。

汗だくなので、プールに入る前にシャワーでしっかりと身体を洗い流します。

プルブイつけて1.5kmゆっくり泳ぎました。

バイクとランで脚は疲れていましたが、上半身は元気そのもの。こうしてスイムをやると身体全体をバランスよく動かせるので気持ち良いものです。

ところで、最近、ようやくというか、この期に及んで泳ぎ方のコツを覚えたのです。

これまでは脚が沈んだままで無理やり腕力と脚力で進んでいたので、人並み以上に遅いスピードだったのですが、プルブイをつけて泳ぐようになってから、脚全体を浮かせる(水面に対してなるべく平行になるようにつま先をやや上向きに体幹に力を入れる)コツをつかみました。

同時につま先もしっかりとつま先立ちするように水の抵抗を極力受けないようにすると、不思議と、進むときに脚全体に水の抵抗を受けないことを体感できるようになりました。

そのためには身体のバランスが重要で、脚が沈む場合は、水中深めに掻くようにすると脚が自然と浮き上がります。

このシンプルなことができるまで一体何年泳いでいるのか。。。あまりに遅い体得でしたが、これで断然泳ぐのがラクになりました。

300mくらい泳いだところで、方向転換の際、突然右脚の太ももが、次いで左脚の指先が攣りました。こんなことは滅多にありません。

プールの監視員に、「ここで立ち止まらないでください!」と注意されてしまいました。しかしあまりの痛さに返事もできず、動くこともできません。

脚に負荷のかからないようにプルブイつけて泳いでいるのに、両脚が立て続けに攣ってしまいました。情けない。。。

しばらく休んで落ち着いたので、再びゆっくりと泳ぎ出します。

いつものように1500m泳いで終了。45分くらいでしょうか。

プールを後にして自宅に戻りました。時刻は午後6時30分、もう薄暗くなってきました。

Zwiftバイク 20km
ラン 10km
スイム 1.5km

これで今日のトレーニングはすべて終了、久しぶりにトライアスロンな1日でした。

バイク - ラン - スイムと変則的な順序でしたが、通常のショートより短い距離で、トランジションもたっぷり時間があったにも関わらず、疲労困憊。ショートってこんなにキツかった?

今年は予定していたトライアスロン大会がすべて中止になってしまったので残念です。

次のレース、Off The MAAP TourのStage 2は明後日です。今度は果敢にBクラスで登録しました。果たしてどうなることやら。。。

コメント