[Zwift(ズイフト)のFTP Test] コースを走る前に脚力測定をしよう

Zwiftでコースを走る前にやっておきたいのがFTP Testです。

FTPとは、「Functional Threshold Power」の略で、1時間走り続けられる限界の平均パワー(ワット出力)のことです。

指定されたパワーが逐次変化するのでそれに合わせて走行し、して、自分の脚力の限界のパワーを計測するのですが、FTP Testはけっこうしんどいです(笑)

FTP Testは、1時間13分の標準テストと、45分の短縮テストがあります。


ちゃんと指定通りのパワーで走行すると、右側のリストに星印がつくのですが、私の場合は指定通りに走っていないことが下の画面で一目瞭然(笑)

FTP Test

最初のFTP Testでは169Wという結果でした。

一般ライダーのFTPの値は、Cycling Analyticsというサイトのグラフが参考になります。

男性のFTP値(Cycling Analyticsより引用)

上のデータはあくまでアンケート結果の集計ですが、だいたい平均値は250W程度で、私の169Wという数値は残念なことにかな~り低いことがわかりました。

私は何も考えずに長い標準テストの方を選択してしまいヘロヘロになってしまいましたが、最初は短縮テストでも十分だと思います。

というのは、ZwiftでのFTP値は、その後のライドで随時更新されるからです。

169W→174W(5月10日)

174W→212W(5月12日)

212W→231W(5月25日)

私はライドを重ねるたびにFTP値が更新されて、現在は268Wになっています。

たったの2週間で脚力がいきなり向上したとは思えないので、ZwiftのFTP値はあくまで目安と考えたほうが良いでしょう。

脚力を計るのには、FTP値のほかに、FTP値を体重で割ったPWR(パワーウェイトレシオ、W/kg)という指標も良く使われ、Zwiftでは走行中に各走者のPWRが表示されます。

PWRは、体重の重い人は上りでのスピードはパワーウェイトレシオに等比例で影響されるので、より正確に限界の平均パワーを表しています。

男性のPWR値(Cycling Analyticsより引用)

ちなみにZwiftで計測されるFTPと、実走のFTPはだいぶ乖離があるようで、特にパワーメーターを使っていないケースでは2~3割高めに出るそうです。

私の場合は、体重が62.5kgなので、PWRは

FTP Test時:169W ÷ 62.5kg = 2.7W/kg

更新後:268W ÷ 62.5kg = 4.3W/kg

となります。

コメント