[宮崎椅子製作所のオーダー家具] 個性が際立つ椅子 ENNE, hata, fufu, LIBERTO

最近ダイニングの椅子を買い換えました。

これまでは大型家具店の既製品だったのですが、今回は家族と相談しながら、オーダーメイドの一人掛け椅子を4人それぞれ個別に4脚、ファブリック生地や色も好みに合わせて注文してみました。

選んだのは、宮崎椅子製作所という国産メーカーの椅子です。

ENNE、hata、LIBERTO、fufuの合計4脚を購入しました。

(左から)hata, LIBERTO, fufu, ENNE

発注したのが昨年の9月ですが、少量オーダーメイド生産なので、納品までは4ヶ月~6ヶ月くらいでした。

ちょっと贅沢な選択でしたが、おしゃれなデザインに加えて座り心地はさすがオーダーメイド、どれも格別です!

1. 宮崎椅子製作所

宮崎椅子製作所は、徳島県にある椅子製作所で、完全受注生産で作成される職人の高い技術力と座る人へに配慮を極限まで突き詰めた椅子を多く販売しています。

会社紹介パンフレット

1969年設立。2000年から工場技術者と国内外のデザイナーとの協働でオリジナルデザインの製品開発をスタート。2012年以降はミラノサローネに毎年出展し、これまで14名のデザイナーと110脚の椅子、スツール、ソファなどを製品化してきました。

宮崎椅子製作所

無垢の木を使った椅子作りを専門としており、国内のグッドデザイン賞をはじめ、海外の多くの賞を獲得しています。NHKの番組でも紹介されたことがあるそうです。

デザイン賞受賞製品

2019年には、ニューヨークで開催された国際現代家具見本市(ICFF)2019にも初めて出展しました。

ホームページには、製品紹介のほかに工場スタッフのブログがあり、椅子づくりの現場の様子が良く伝わってきます。

宮崎椅子製作所の製品の特徴は、独自のデザインを実現するための、ひねり切削、自由曲面切削といった、ものづくりを支える高い技術です。




同一商品の注文がある程度まとまった段階で生産をする受注生産方式を取っているので、納品まで2~3ヶ月、場合によっては半年くらい掛かります。

宮崎椅子製作所の椅子は、全国200店を超える販売店で購入することができます。

今回は、消費税アップ直前のタイミングで、サードカントリー(神奈川県たまプラーザ)と、キリガヤ(神奈川県逗子市)の2店舗を訪れて、実際に椅子を選んできました。

2. サードカントリー

THIRD COUNTRY <サードカントリー>店舗・ショールームは神奈川県横浜市青葉区のたまプラーザから徒歩9分の場所にあります。


所在地〒225-0003
神奈川県横浜市青葉区新石川2-15-1
TEL045-567-1306
営業時間11:00~19:00
定休日水曜日・第1,第3木曜日


店内は『無垢』『天然木』『一枚板』にこだわった家具でギッシリ!


宮崎椅子製作所の製品もたくさん展示されています。取り扱い椅子の一覧は店舗のウェブサイトに掲載されています。

棚に陳列されている椅子も、店員にお願いすれば、試しに座り心地を確認することができます。

最近は、インターネットで簡単に自分好みの椅子を探せるようになったので、ネットで購入することもできますが、自分に合った良い椅子を探すためには、やはり直接店舗に出向いて見て触って座るのが大事ですね。

U

sail

NO.42

以下のENNEチェアは、購入を決めた4脚のうちの1つです。

ENNE

ENNE

気に入ったチェアを選んだら、今度は無垢材の種類や、ファブリックの色、素材など細かく決めます。

無垢材のサンプル

無垢材の材種によって椅子の価格も変わります。大雑把に言うと、価格の安い順番に、

ブナ<アッシュ<ヒノキ<ハードメープル<レッドオーク<ケヤキ<ブラックチェリー<ナラ<ウォールナット

となります。

材種

自宅のフローリングが無垢のシルバーチェリーなので、樹種はすべて同系統のブラックチェリーを選びました。

ファブリック(貼り地)の選択は材種以上にバリエーション豊かで、自分で決めるのは大変です。店員さんのアドバイスを参考に、あれこれ悩んで決めることになります。


貼り地

サードカントリーでは、宮崎椅子製作所の椅子は送料無料、支払いはクレジットカードがOK。

ENNE、hata、そしてLIBEROの3脚の購入を決めました。

3. キリガヤ本社

キリガヤ本社ショールームは、神奈川県逗子市、JR逗子駅から徒歩5分の場所にあります。


■本社ショールーム
所在地: 〒249-0002 神奈川県逗子市山の根1-2-35
連絡先: TEL 046-870-1500 FAX 046-870-1501
営業時間: 9:30~17:30(水曜・祝日定休) 

本社ショールームとは別に、モデルハウスもあります。こちらはJR東逗子駅から徒歩2分です。

■モデルハウス
所在地: 〒249-0004 神奈川県逗子沼間1-6-15
連絡先: TEL 046-872-6000 FAX 046-872-6044
営業時間: 10:00~17:00(水曜・祝日定休) 

今回は本社ショールームにお邪魔しました。

キリガヤ本店(ホームページより)

キリガヤは、逗子の老舗の材木店で、創業130年の歴史を誇ります。

現在の逗子市の桐ケ谷覚市長は、キリガヤの元社長/会長でもありました。地元の名士ですね。

そんなキリガヤ本社ショールームは、逗子駅前の好立地に広大な店舗を構えています。


ここにもENNEがありました。人気商品ですね。

ENNE

LIBEROというチェアを発見。肘をのせるアームは、テーブルに掛けられて掃除がしやすい実用的なチェアです。

LIBERO

PePe side

PePe arm

PePe sideとPePe armの比較

ここで次女が選んだのは、サードカントリーでは取り扱いのなかったfufuでした。

4. ENNE

ENNEは、プロダクトデザイナーの村澤一晃氏によるデザインです。2002年グッドデザイン賞を受賞しました。

ENNE = エンネと読みます。イタリア語で"N"のことで、横から見ると脚がN型の構造になっていることから名付けられました。

トラス構造という特徴的な構造により、通常の4本脚のイスに比べて数倍の強度を持っています。

軽快なフォルムと抜群の強度を併せ持ち、またスタッキングしても傷のつきにくいウレタンクリア仕上げとなっていますので、公共の場などでの使用にも最適です。

商品名ENNEチェア
値段39,800円~64,600円(税別)(税別)
サイズW540*D530*H745(SH420、AH627)
樹種ブナ・アッシュ・レッドオーク・ケヤキ・ブラックチェリー・ナラ・ウォールナット




張り地は、夏でも涼しそうなファブリックを選択、色はリビングのソファと同系色のライトグレーを選びました。



実測値で4.4kg、比較的軽いほうだと思います。




座り心地は非常にベーシックでシンプル。腰や背中を包み込むような感覚はありませんが、逆に夏場の暑い季節でも風通しが良くて涼しいです。



5. hata

hataは、木製ならではの美しさを備えた椅子です。アームから背にかけてのラインが風を受けた旗のようなふくらみがあることがネーミングの由来です。

商品名hata
値段67,000円~109,000円(税別)
サイズW510×D505×H725(SH420/AH660)
樹種ブナ・アッシュ・レッドオーク・ケヤキ・ブラックチェリー・ナラ・ウォールナット

無垢の木を削り出した背には、きれいな木目の模様が現れています。



身体が包まれているような感覚。肘掛け付きでありながら横幅が狭く場所を取りません。肘掛けの先が天板の縁に当たらないためテーブルの下に全体の半分くらいは潜り込みます(テーブルと干渉して肘掛けに傷がつかないようにできれば養生をしたいです)。



座面がフラットではなく身体のラインに合わせてカーブしているため、座ったときのフィット感は素晴らしいものがあります。


張り地は、ファブリックを選択、色はストライプの入ったグレー系を選びました。


hataの特徴の一つは、その軽さにあります。実測値で4.1kg、これは今回購入した4脚の椅子のなかで一番の軽さです。持ち運びやテーブルからの引き出しなどが簡単ですね。

6. fufu

fufuは、宮崎椅子製作所の比較的新しい製品です(2017年発売)。プロダクトデザイナーの小泉誠氏によるデザインです。


横から見ると、アームがカタカナの「フ」の形というのがネーミングの由来です。


「桧(ヒノキ)の曲木に挑戦!」というところから開発が始まり、背の三次曲面は何度も試作を繰り返し、座面は座り心地と軽量化のため新たな工法を試み、とても苦労した椅子だそうです。

購入した製品は、ヒノキではなく他の椅子と統一してブラックチェリーを選びました。


張り地は、座り心地の良さそうなファブリックを選択、色はグレーを選びました。


写真では貼り地がブラックに見えますが、実際はもっと明るいカラーです。


実測値で4.8kg、今回の4脚の椅子のなかでは重いほうです。



次女が選んだ椅子ですが、子供でも大人でも快適に座れる万人向けの椅子だと思います。

7. LIBERO

LIBERTOは、ENNEと同じくプロダクトデザイナーの村澤一晃氏によるデザインです。

商品名LIBERO
値段45,600円~86,000円(税別)
サイズW515×D500×H780(SH430)
樹種ブナ、アッシュ、レッドオーク、ケヤキ、ブラックチェリー、ナラ、ウォールナット


腰の下まで背中全体を支えてくれる座り心地の椅子です。


ハーフアームなので、テーブルにハンギングも可能で掃除などがラクにできます。




張り地は、座り心地の良さそうなファブリックを選択、色はグレーを選びました。

8.発注にあたり

オプションで、出荷前にパールトーン加工と呼ばれる水や油の汚れから守る撥水・防汚加工を施すのがおススメです。費用は1脚あたり3000円程度です。

また、送料は店によってまちまちのようで、有料だったり無料だったりします。

宮崎椅子製作所の椅子は人気商品ということもあり、まず値引きは期待できないと思ったほうが良いでしょう。

むしろ、昨年10月の消費税アップ以降は、材料費の高騰もあって、価格表自体が改訂となり、さらなる値上がりが予想されます。

ベテラン職人がじっくりと造り上げる製品は、大量生産品とは違う価値と使う悦びがあります。

寝具もそうですが、椅子というのは、人生の時間のなかで結構長い時間使うものなので、オーダーメイドの椅子の価値を感謝しつつ、日常生活の喜びを感じられればと思います。

コメント