【ヤフオク出品履歴】ホームオーディオ製品: アンソニー・ギャロ、マランツ、アキュフェーズ、ダリほか

私がヤフオクを始めたのは、2005年の5月でした。以降、約15年の間に233アイテムを出品、約50アイテムを落札しました。

最近はヤフオクを利用することもめっきり減ってしまいましたが、これまで出品したアイテムのなかには、思わぬプレミアムがついたものから、高値売りが失敗したもの、取引相手とのちょっと変わったやり取りなど、いろいろありました。

今回はそのなかから、ヤフオクに出品したホームオーディオ製品を抜粋して振り返ってみます。

出品したホームオーディオ製品

ホームオーディオ製品は、アナログ入出力からHDMIへの推移、SACD/DVDオーディオのディスク時代からハイレゾやPCオーディオ、ネットワークオーディオなど時代の変遷に伴って製品の世代交代が激しく、出品数も結構ありました。

ヤフオクの取引履歴をまとめてみると、ホームオーディオ製品の変遷から、その時代の変遷やテクノロジーの進化などが浮き彫りになって、いろいろ感慨深いものがあります。

1. スピーカー

1.1 アンソニー・ギャロ REFERENCE 3

以前の家でサブシステム(ピュア)のスピーカーとして使っていました。

銀座のサウンドクリエイトで試聴してそのメリハリのある鳴りっぷりを一発で気に入り、300,000円で中古購入したものです(定価は税込でペア546,000円)。

その独特のデザイン、クロスオーバーを持たない設計、サブウーファーが左右とも壁に反射させる仕様となっているなど、極めてユニークなスピーカーでした。

購入したものはナチュラルチェリー色でしたが、自分でユニットを解体して水性塗料でマットブラックに塗装しました。我ながら上手くできたと自画自賛していました(笑)。

アンソニー・ギャロ REFERENCE 3

商品:☆ Anthony Gallo Reference III☆■送料無料
開始価格:99,800 円
開始日時:2011年8月 17日 19時 35分
終了日時:2011年8月 21日 23時 34分
---------------------------
入札件数:55
落札単価:184,000 円

新居に引っ越しで放出。おそらくヤフオク出品したなかで最も高額な商品でした。

梱包は元箱があったのでそれを使ったのですが、配送業者が手荒く扱ったせいか、落札者に届いたときは梱包がメチャメチャに割れていたそうです。幸いなことに発砲スチロールが内部の製品を守ってくれたおかげでクレームにはなりませんでした。

1.2 モニターオーディオ Radius 45/90/180/360

これも以前のマンションでサブステムのスピーカーとして使っていたものです。

私のブログタイトルの由来でもある「モニターオーディオ」社のホームシアター向け小型スピーカーセットです。

なかでもブックシェルフのRadius 90は、コストパフォーマンスの高いスピーカーで、ピュアオーディオ用としても十分に通じるクオリティの高さでした。

専用スタンド含めていろいろ書い足して5.1chのホームシアターシステムにしましたが、リアのスピーカー(Radius 45)は別途出品済みだったので、残りをまとめて3.1chセットで出品しました。

モニターオーディオ Radius 90/180/360

商品:☆Monitor Audio Radius 3.1ch セット スタンド付【送料無料】☆
開始価格:1 円
開始日時:10月 19日 15時 26分
終了日時:10月 23日 23時 20分
---------------------------
入札件数:31
落札単価:51,001 円

モニターオーディオ Radius 45

商品:☆ Monitor Audio Radius45 ペア☆ ■送料無料
開始価格:7,000 円
開始日時:2009年8月 21日 14時 41分
終了日時:2009年8月 23日 22時 37分
---------------------------
入札件数:3
落札単価:8,000 円

余談ですが、サブウーファーRadius 360用にカスタムで発注した御影石(中国製)も滑り止めシートを付属して出品したところ、同じ落札者が購入してくれました。

サブウーファー専用御影石ボード

商品:☆Monitor Audio Radius サブウーファー専用御影石ボード+α☆
開始価格:1 円
開始日時:2009年10月 24日 15時 47分
終了日時:2009年10月 30日 23時 32分
---------------------------
入札件数:10
落札単価:4,050 円

1.3 YAMAHA YST-SW515 サブウーファー

以前の家でこちらはメインステム(5.1ch)のスピーカーとして使っていたものです。

手頃な価格(定価:¥52,500)と重厚なサウンド再生能力は、当時のサブウーファーの定番と言って良い製品でした。

YAMAHA YST-SW515 サブウーファー

商品:☆YAMAHA YST-SW515 サブウーファー☆ ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:2011年10月 24日 15時 54分
終了日時:2011年10月 30日 23時 19分
---------------------------
入札件数:24
落札単価:18,000 円

重量のあるオーディオ製品は、発送するための梱包が大変面倒なのですが、私は几帳面にも?購入したオーディオ製品はほとんどすべての外箱(と発砲スチロール)をトランクルームに保管していたので、それを利用してラクに発送できました。

1.4 DALI Royal Vocal

以前のマンションでメインステム(5.1ch)のスピーカーとして使っていたものです。

確かダイナミックオーディオの店頭で、店員の推薦で購入(¥82,500) したものです。薄型テレビの前面に設置して、DVDの5.1chで映画を観るときに使いました。商品名にもなっているボーカルの音色の美しさは突出したものがありました。

DALI Royal Vocal

商品:☆DALI センタースピーカー ROYAL VOCAL ☆ ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:10月 24日 16時 21分
終了日時:10月 30日 23時 16分
---------------------------
入札件数:29
落札単価:33,000 円

DALIのスピーカーは人気が高く、値崩れもしなかったので、中古品にも関わらずなかなかの高値で落札されました。

1.5  富士通テン Eclipse TD

富士通テンのスピーカーといえば、タイムドメイン式のEclipseが有名ですが、この製品はそのエントリー製品であり、別売のサブウーファーとセットで再生すると、タイムドメイン方式特有のアラインメントの優れた中高音に、低音がしっかりとプラスされて素晴らしいシステムになります。

私はタイムドメイン式のEclipseの音の良さが気に入って、このEclipse TDをホームオーディオではなく、カーオーディオに使えるのでは?と考えて購入しました。

富士通テン Eclipse TD

商品:【送料全額負担】 ☆富士通テンECLIPSE TD307PABK Lulet☆中古品
開始価格:10,000 円
開始日時:2007年9月 30日  2時 33分
終了日時:2007年10月  6日 23時 33分
---------------------------
入札件数:17
落札単価:28,500 円

最初の出品では、開始価格:28,500 円を設定したのですが、落札者はありませんでした。そこで開始価格を10,000 円に引き下げたところ、偶然にも落札単価:28,500 円で落札されました。

2. アンプ

2.1 アキュフェーズ E-308

これは私がオーディオ趣味を始めた当初に購入した記念の製品です。2004年12月に購入しました(定価¥315,000を\245,700で共電社より直販購入)

学生時代からの憧れだった、アナログのピークメーターが動くフロントパネルは、オーナーシップの満悦感に浸れて、それだけで嬉しかった記憶があります。

アキュフェーズからは、毎年年賀状が届き、また、製品には5年間の長期保証などアフターサービスが充実していて感激しました。

マンションでは、このアンプを操作しやすいTVボードの上棚に設置していましが、今から考えると、22kgもある本製品をよくもTVボードの棚に置いて棚が崩れ落ちなかったと思います。

アキュフェーズ E-308

商品:☆ Accuphase E-308 プリメインアンプ☆■送料無料
開始価格:99,800 円
開始日時:2011年8月 24日 15時 43分
終了日時:2011年8月 28日 23時 49分
---------------------------
入札件数:33
落札単価:204,000 円

アキュフェーズも値崩れしないブランドでした。\245,700で購入して7年間使用した中古品が、204,000円の高値で売れました。

2.2 YAMAHA DSP-AX757

上のアキュフェーズと同時期に購入、ホームシアターシステム用としてずっと併用して使っていました。

ホームシアター時は、このアンプをプリにして、アキュフェーズのアンプをパワーアンプとして使っていましたが、この使い方も懐かしいです。

YAMAHA DSP-AX757

商品:☆YAMAHA AVアンプ DSP-AX757☆
開始価格:1 円
開始日時:2013年12月 11日 16時 18分
終了日時:2013年12月 15日 23時 5分
---------------------------
入札件数:19
落札単価:8,000 円

アキュフェーズのステレオアンプとは違って、AVアンプの値崩れは激しいですね。落札額はたったの8,000円でした。HDMI端子さえ付いていないので仕方ないですが。。。

2.3 DENON AVC-2808

AVC-2808もベストセラーのAVアンプでした。HDMI非対応のYAMAHA DSP-AX757からの買い替えで購入しましたが、上位機種AVC-3808に買い替えのタイミングでヤフオクに出しました。

HDMI接続でサンプリング周波数が表示されるので、PCオーディオでさまざまな外部トランスポートを接続してその出力状態がチェックできて便利でした(量子化ビット数も表示されたら完璧でした)。


商品:☆DENON AVC-2808 HDMI ver1.3a対応AVアンプ☆ ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:2011年11月  8日 17時 27分
終了日時:2011年11月 13日 23時 19分
---------------------------
入札件数:26
落札単価:27,000 円

AVアンプとしてはまずまずの価格で売れたと思います。

2.4 マランツ PM8100SA Ver.2

珍しいピュアオーディオ用のマルチチャンネルプリメインアンプです。おそらくこのジャンルの機種は現在でもほとんど製品化されていないのではないでしょうか。

マルチチャンネルに凝っていた当時、フジヤエービックでこの中古品を見つけて即座に購入(\35,800)したのですが、2年間使う機会もないままだったので出品しました。

Marantz☆プリメインアンプ PM8100SA Ver.2

商品:☆Marantz☆プリメインアンプ PM8100SA Ver.2☆ ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:2011年3月 25日  1時 31分
終了日時:2011年3月 27日 23時 17分
---------------------------
入札件数:42
落札単価:30,000 円

2.5 マランツ AV-7005

この製品は、珍しいAVプリアンプで、同時発売のAVパワーアンプMM8003とセットで使用していました(購入価格125,000円)。

DSDダイレクト再生をサポートする後継の上位機種であるAV-8801への買い替えでオークションに出しました。

マランツ AV-7005

商品:☆Marantz マランツ AV7005 AVプリアンプ☆
開始価格:1,000 円
開始日時:2014年12月 10日 14時 10分
終了日時:2014年12月 14日 23時 10分

入札件数:39
落札単価:45,501 円

この製品もあまり高値で落札されませんでした。AVアンプは値崩れが激しいですね。

3. プレーヤー

3.1 マランツ SA-15S1

アキュフェーズと同じ共電社からピュアオーディオ用に初めて購入したSACDプレーヤーです(購入価格は121,050円)。アキュフェーズと同プレーヤーにしては14.1kgとずっしりと重く、筐体の奥行もある重厚な造りの製品でした。

ソニーのSACDプレーヤーSCD-XA5400ES購入でオークションに出しました。

マランツ SA-15S1

商品:☆ MarantzマランツSACDプレーヤー SA-15S1ゴールド☆■送料無料
開始価格:45,000 円
開始日時:2009年4月  3日 17時 45分
終了日時:2009年4月  5日 23時 31分
---------------------------
入札件数:12
落札単価:65,001 円

ピュアオーディオ用の機器としては、意外に値崩れしてしまったようで、購入価格の半額にもなりませんでした。ひょっとしたらオークションの期間が短かったせいかもしれません。

3.2 デノン DVD-2910

デノンのベストセラーDVDプレーヤーです。上位機種のDVD-3910が発売当時(2004年)のベストバイ受賞を総ナメにしたほどでした。

CD, DVD, SACD, DVDオーディオだけでなく、超マイナーなHDCDも再生可能なマルチプレーヤーです。デジタル出力は同軸/光ケーブルと初期のHDMI1.1、そして独自のDENONリンクでした。

SACDのHDMI出力に非対応だったのが致命的で、買い替え時にヤフオクに出しました。

デノン DVD-2910

商品:☆DENON DVD-2910 HDMIアップデートCD付☆ ■送料無料
オークションID:n110893707
開始価格:1 円
開始日時:2012年9月 28日  8時 8分
終了日時:2012年9月 30日 23時 22分
---------------------------
入札件数:22
落札単価:13,000 円

3.3 ソニー SCD-XA5400ES

ソニーのHDMI対応ハイエンドSACDプレーヤーです。DVDオーディオがサポートされていないところが如何にもソニー製品らしいこだわりのある製品でした。

ソニースタイルの特価で発売直後の2009年3月に新品購入(99,800円税送料込)したものです。当時の発売価格が176,400円(税込)だったので格安で購入しました。

再生クオリティは流石に素晴らしいものがありましたが、この製品の動作のモッサリ感は致命的で、ディスクの読み込みが異常に遅いだけでなく、早送りなどの操作性は唖然とするほどヒドイものでした。

ソニー SCD-XA5400ES

商品:☆Sony SACDプレーヤー SCD-XA5400ES☆保証付き ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:2010年9月  8日 15時 56分
終了日時:2010年9月 12日 23時 59分
---------------------------
入札件数:65
落札単価:93,000 円

中古品にしては高値落札されたと思います。一般的に、付属品だけでなく元箱が付いていると信頼度が高いためか、高値落札される傾向にあると思います。

3.4 OPPO BDP-93

米国OPPO社(製造は中国)のベストセラーメディアプレーヤーです。上位機種のBDP-103とともに大ベストセラーになった画期的な製品です。

このOPPOのプレーヤーの出現は衝撃的でした。

海外オーディオメーカーがこれほど完成度の高い製品を、こんなに廉価で出してくるとは、国内オーディオメーカーにとっては脅威だったと思います。

現存するほぼすべてのフォーマットに対応するだけでなく、ネットワークオーディオ機能も充実しており、出力もHDMIやUSB入出力まで完備しています。

私は2012年3月にいち早く、このOPPO製品をアマゾン米国からの個人輸入で購入、購入価格は何と$499.99USD(送料込み、当時の日本円で41,500円!)という信じられない安値だったのです。

全く無名のOPPOの製品を、「これは革命的な製品だ!」とSNSや掲示板で書き込んだところ、「中国製品なんてどうせダメだ」「国産のオーディオ製品にかなうわけがない」「個人輸入なんて何のサポートもないので論外だ」との非難ごうごうでした。

製品を使ってもいないでこの偏見に満ちた先入観。。。いやはや、このときは流石に国内オーディオマニアの偏屈さには呆れてしまいました。

やがて、OPPO Digital ジャパンが設立されて、国内でも製品の評価も高まり、後継機種であるBDP-103/105は日本でも大ヒット商品となりました。

OPPO BDP-93

商品:☆OPPO BDP-93 ユニバーサプレイヤー ISO再生可能 ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:2016年8月 25日 17時 47分
終了日時:2016年8月 29日  0時 5分
--------------------
入札件数:74
落札金額:31,800 円

OPPO BDP-93の購入を機にオークションに出したのですが、実は、この商品を手放してしまったのは、今でも大きく後悔しています。

というのは、このBDP-93のファームウェアは、ISOファイル(DVD/BDどちらも)の再生が可能な最後の正式ファームウェア(BDP93-61-1219)だったのです。

ハリウッドの強い要求で、それ以降のファームウェアは、ISOの再生ができないように改悪されてしまっています。後継機種のBDP-103/105でもISO再生はできません。

ISOファイルの再生については、以前の記事に詳しく書きましたが、民生家電製品で(BDメニュー表示まで含めて)再生サポートされているものはひとつもないのです。

メディア再生ソフトKODIでBD-ISOのメニュー再生を試す~Windows編

その後オークションで、BDP-93のファームウェアがBDP93-61-1219かそれ以前のものを探していますが、未だに見つかっていません。

4. DAC

4.1 CEC DA53

今ではDAC製品は無数の商品がありますが、初期のPCオーディオ黎明期(2007年ごろ)には、オーディオグレードのDACといえば、この製品くらいしかありませんでした。

USB1.1しか対応しておらず、もちろんPCMのみの対応でDSDは非対応ですが、この製品を通して聴くデジタルオーディオの世界は、その後のデジタルオーディオの躍進に繋がった画期的な商品でした。

CEC DA53

商品:☆CEC DAC DA53 USB対応 D/Aコンバーター ☆ ■送料無料
開始価格:19,000 円
開始日時:12月 11日 17時 21分
終了日時:12月 15日 22時 8分
---------------------------
入札件数:6
落札単価:21,500 円

4.2 コルグ DS-DAC-10

こちらもまたPCオーディオ黎明期を代表するベストセラー製品でした。

DS-DAC-10で本格的にPCオーディオを始めたオーディオマニアも多かったのではないでしょうか?

PCとUSB接続して、専用のソフトAudioGateで再生するというスタイルは、従来のPCとは無縁のピュアオーディオからは革命的な変化でした。

この製品の唯一の欠点は、USBドライバがWindows標準のUSB AUDIO CLASS 2.0ではなく、独自のASIOドライバであったために、再生汎用性が乏しかったことです。

PCオーディオが進化すると、WindowsPCだけでなく、AppleやLinuxなど再生トランスポート側のOSが多様化したのですが、残念ながら本製品はWindowsでしか動作できなかったのです。

コルグ DS-DAC-10

商品:☆KORG 1 bit USB DAコンバータ DS-DAC-10 ■送料無料
オークションID:r124820420
開始価格:1,000 円
開始日時:2015年2月 25日 16時 9分
終了日時:2015年3月  2日  0時 7分
--------------------
入札件数:53
落札金額:24,500 円

PCオーディオ関係の製品もAVアンプと同様、技術革新の速さから、新製品があっという間に陳腐化してしまうという製品サイクルは短命でした。そのなかでは、この製品はなかなかの高値で落札されたと思います。


4.3 RME FIREFACE 400

ドイツRME社の誇る、プロオーディオ用の大ベストセラー製品です。

PCオーディオの普及とともに、従来のアナログ中心のホームオーディオ製品と、音楽制作現場でしか使われなかったプロオーディオ製品を繋げてホームオーディオで楽しむスタイルが浸透しました。

FIREFACE 400は、当時のPCオーディオのマニアの間では、ほぼデファクトスタンダードと言って良いほどの人気を誇っていました。

私は当時、Voyage MPDというLinuxベースのOSシステムに、このFIREFACE 400を繋いで、出てきた音の解像度の素晴らしさに腰を抜かしてしまうほど驚いた記憶があります。

そんなFIREFACE 400ですが、DSDには非対応という宿命(プロオーディオ製品なんでDSD非対応は当然なのですが)から、PCMとDSD両対応のDACへ鞍替えしてしまい、結局手放してしまいました。

RME FIREFACE 400

商品:☆RME Fireface 400 正規国内販売品☆
開始価格:8,000 円
開始日時:2016年9月 11日 21時 39分
終了日時:2016年9月 18日 23時 41分
--------------------
入札件数:41
落札金額:45,500 円


5. その他

スピーカーやアンプ、プレーヤー以外の周辺機器やオーディオアクセサリーで出品したものなかで、主要なものをいくつか紹介します。

5.1 クアドラスパイア オーディオラック

このスタイリッシュなオーディオラックは今でも定番商品だと思います。以前の家のサブシステムに使用していました。

オーディオラックとして理想的な重量と安定性を誇り、部材の種類やカラーも豊富で、他の類似品とは次元の違うクオリティーの高い製品です。

引っ越しを機に不要になったので出品しました。

クアドラスパイア オーディオラック

商品:☆QUADRASPIREオーディオラック/Q4D/チェリー☆ ■送料無料
開始価格:1 円
開始日時:2011年10月 18日 13時 42分
終了日時:2011年10月 23日 23時 42分
---------------------------
入札件数:40
落札単価:71,000 円


5.2 ヤマハ調音パネル ACP-2N

フロントスピーカーの裏面の反射を抑えるために購入しました。音を拡散させる効果もあるということで、確かに音は変化しますが、正直有っても無くてもそれほどの変化が認められなかったためオークションに出しました。

ヤマハ調音パネル ACP-2N

商品:☆YAMAHA 調音パネルACP-2Nホワイト(ペア)☆
開始価格:50,000 円
開始日時:2016年8月 17日 16時 39分
終了日時:2016年8月 21日 23時 18分
--------------------
入札件数:7
落札金額:56,000 円

製品の状態が良く、梱包材もすべて保管しておいたこともあり、想定を超える高値で落札されました。

5.3 CSE アイソレーションバランスフォーマー TX-200

アイソレーションバランスフォーマーとは、要はクリーン電源です。

WBトランスが組み込まれた専用電源システムで、家庭の電源タップからオーディオ機器への途中に挿入します。

クリーンな電源はオーディオ品質に決定的な影響を与えますが、この機器を使用することで商用音源の正弦波を整調したり、サージノイズを除去したりします。

製品としては気に入っていたのですが、本体電源を常時オンにすると、どうしてブーンというハム音が気になり、かといってオーディオ使用時だけ電源オンにするという動作が面倒で、使わなくなってしまいました。

CSE アイソレーションバランスフォーマー TX-200

商品:☆CSE TX-200 アイソレーションクリーン電源■送料無料
開始価格:100 円
開始日時:2016年8月 22日 21時 58分
終了日時:2016年8月 28日 23時 54分
--------------------
入札件数:30
落札金額:40,000 円

5.4 MUTEC マスタークロックジェネレーター MC-3

マスタークロックジェネレーターは、通常のクロック周波数よりも桁違いの精度でデジタル信号のジッタを整える目的で使用します。

ドイツMUTEC社のMC-3は、一般的には高価なマスタークロックジェネレーターのなかでは、販売価格が100,000円と、比較的安価な製品ですが、プロオーディオ製品なので、その高品質には定評があります。

このMC-3と、RME FIREFACE400を接続して利用していましたが、マスタークロックジェネレーターはBNC端子という、ホームオーディオでは全く普及していない端子が必要となるため、ごく一部の超ハイエンド製品しか接続することができず、FIREFACE 400の引退と共にオークションに出しました。

MUTEC マスタークロックジェネレーター MC-3

商品:☆MUTEC MC-3【マスタークロックジェレネーター】☆送料無料
開始価格:2,000 円
開始日時:2016年9月 12日 13時 45分
終了日時:2016年9月 18日 23時 42分
--------------------
入札件数:20
落札金額:20,500 円

6. ヤフオク出品全アイテム一覧

以下の写真は、私がこれまでにヤフオクで出品した全233アイテムです。









ざっと見、ほとんどがデジタル家電やPC関係のガジェットですね。

でも一部、女性用のポシェットや、自転車用グッズ、そしてキッチン用品なんかも含まれています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

以上、ヤフオクでのホームオーディオ製品のこれまでの取引のまとめでした。

出品したオーディオ製品の一部は、アナログ端子からHDMI端子への変遷や、DSDファイル再生のような新しいソースの登場に伴って、買い替え対象となった製品です。

現在拙宅で稼働中のホームオーディオシステムは、

スピーカー モニターオーディオゴールド 7.1ch
AVプリアンプ マランツ AV-8801
パワーアンプ マランツ MM8003
プレーヤー OPPO BDP-103
USB DAC ラステームシステム UDAC32RD

とシンプルな構成で落ち着いています。

長年追求してきたピュアオーディオとホームシアターの併存を諦めて、AVプリアンプの導入でホームシアターシステム1系統のみに統一して、サブシステムもありません。

AV-8801はもう5年以上前の製品なので、ATMOSや4K/8Kといった最新技術には非対応ですが、とりあえずはATMOSや4K/8K無しでもあと10年くらいは行けるのではと考えています。

スピーカーはモニターオーディオゴールドの15年前の製品なので、当然ハイレゾには非対応ですが、これはこれで一貫して気に入っています。

あとはUSBDACでDSDマルチチャンネルをサポートしている製品があれば完璧なのですが、exaSoundのe28 mk2などごく一部のウルトラハイエンド製品を除いてそのような製品がないのが残念です。

現在稼働中のホームオーディオ製品は、5年前にAVプリアンプを交換(2014年11月にAV7005からAV8801へアップグレード)したのが最後で、それ以来買い替えをしていません。

PCオーディオで音を追及していたころは、アクセサリーにもいろいろ手を出していましたが、それもほとんどオークションで処分してしまいました。

おかしな話ですが、オーディオアクセサリをほとんど処分したら、気分的にスッキリとしました。

そして、これまで随分と無駄な散財をしたもんだと我ながら呆れてしまいました。

オーディオ沼から抜け出した解放感ですかね。。。(笑)
にほんブログ村 PC家電ブログ オーディオへ
にほんブログ村

コメント