【決定版】史上最強のクレジットカード還元:A8.netのセルフバックとは

クレジットカード比較については過去にも記事にしましたが、今回は【決定版】最もオトクなクレジットカード入会方法をご紹介します。

この方法は知る人ぞ知るで、私もつい最近までこんな方法があるとは知りませんでした。

まず、A8.netというASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)に入会し、そのセルフバックを利用してクレジットカードを新規発行します。これでセルフバックの高額報酬を確実にゲットできます。

具体的にご紹介します。


1.三井住友VISAカード エブリプラスと三井住友VISAカード For Owners


上の三井住友VISAカード「エブリプラス」「For Owners」は、どちらも入会金・初年度年会費とも無料のカードですが、私はこの2枚に新規加入しただけで、

21,200円 三井住友VISAカード エブリプラス
26,200円 三井住友VISAカード For Owners

で合計47,400円の報酬を獲得しました。

巷の広告でよく見かけるクレジットカードの入会キャンペーンは、せいぜい多くても5,000円相当のポイント付与、それも利用額などさまざまな付与条件があるのがほとんどです。

ちなみに、三井住友VISAカード「エブリプラス」の一般的な入会キャンペーンは、こちらのサイトに掲載されていますが、諸条件クリアで最大10,000円となっています。


三井住友ビジネスカードFor Ownerも、一般的な入会キャンペーンは、こちらのサイトに掲載されていますが、諸条件クリアで最大12,000円(ギフトカード)となっています。


A8.net掲載の三井住友VISAカードは、これらのキャンペーンでのプレゼントに加えて、現金での報酬が付加します。しかも現金還元の条件は一切なし、もちろん退会も自由で一切の制約がありません。

つまり、上記の入会キャンペーンの条件をクリアすれば、カードに入会するだけで、それぞれ

三井住友VISAカード エブリプラス 21,200 + 10,000 = 31,200円
三井住友VISAカード For Owners 26,200 + 12,000 = 38,200円

2枚で合計 69,400円

もの還元を確実に得ることができるのです(もちろん、1枚だけのカードに入会するのもOKです)。

三井住友VISAカードのエブリプラス自身は、還元率などごく普通のクレジットカードですが、裏技を使うと、業界最高レベルの1.5%還元が実現できる優秀なクレジットカードでもあります(詳しくは、「三井住友VISAカードエブリプラス」の記事を参照ください)。

しかし、1枚で31,200円の還元というのは、三井住友VISAカードがスゴイというより、A8.netのセルフバックというシステムがスゴイのです。

A8.netというのは日本最大級のASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)です。ASPというのは馴染みが薄いかもしれませんが、ブログサービスをやっていると、アフィリエイト広告を掲載する際に、このASPサービスと連携して広告収入を得ています。



セルフバックとは、別名自己アフィリエイトとも呼ばれており、広告として掲載している商品やサービスを自分で購入(サービスの利用)し、報酬を得ることができる仕組みです。

セルフバックが可能なASPは、A8.net以外にもafbやバリューコマース、バナーブリッドなど様々ありますが、クレジットカードのセルフバックで高額報酬が見込めるのは、個人的にはA8.netがダントツという印象です。

セルフバック可能なASPの詳しい比較については、「セルフバック可能なASP10選!やり方やおすすめ案件もまとめて掲載」の記事を参照下さい。

2.A8.netの手続き


次にA8.netでの具体的な入会手続きについて説明します。


A8.netはASPですが、個人ブログなどのサイトを持っていなくても無料で入会することができます。サイトがなければASPなど関係ないので、これがA8.net経由でのクレジットカード作成がほとんど知られていない原因かもしれません。

A8.netでの会員登録が完了すると、セルフバック専用のサイトへログインできるようになります。サイトの右上にある『セルフバック』というボタンを押します。


検索条件に『クレジットカード』と入力して検索すると、80件ほどのセルフバックが出てきます。

また、セルフバックのページには『デイリーランキング』というセクションがあり、そこに『カード』の項目があるので、そこから選択することもできます。


本日(2019年4月19日)現在、三井住友VISAカードのキャンペーンは、三井住友VISAビジネスカードFor Ownersのみで、三井住友VISAカード「エブリプラス」のほうのキャンペーンは終了しているようです。

三井住友VISAカード「エブリプラス」のセルフバック

三井住友VISAビジネスカード「For Owners」のセルフバック

三井住友カード以外にも、メジャーなところでは楽天カードが現在キャンペーン中(2019/04/15〜2019/04/21)で、通常は953円のところ、10,000円のセルフバックとなっています。


楽天カードの公式キャンペーンでは、最大7,000円相当のポイントプレゼントですが、A8.net経由のセルフバックで申し込めば、10,000円の現金セルフバックに加えて、最大7,000円のポイント、つまり合計で最大17,000円の還元となるのです。

セルフバックは1回きりのチャンスです。同じセルフバックを繰り返し申し込むことはできません。

キャンペーンは頻繁に行っているようですので、三井住友VISAカード「エブリプラス」のセルフバックもそのうち復活すると思います。

3.注意事項

三井住友VISAカード エブリプラスは年会費は永年無料ですが、三井住友VISAカード For Ownersは初年度年会費は無料ですが、次年度以降は年会費がかかります(本会員 税抜1,250円+税 パートナー会員1名につき 税抜400円+税)。日常的に使わないのであれば、解約が必要です。

三井住友VISAビジネスカード「For Owners」は、その名前のとおり、ビジネス用途ですので、申込者本人が個人事業主か法人代表者であることが前提となります。

『セルフバックを行う』のリンクから申し込みを行うのが必須条件です。

数日後に郵送で申し込み用紙が送られてきます。

三井住友VISAビジネスカード「For Owners」の入会審査には、法人登記の銀行口座とその登録印さえあれば、謄本や事業決算書などの事業実績確認資料の提出は不要です。

留意点として、VISAカードブランドだけがセルフバック対象なので、間違ってMasterCardを選択しないようにしてください。また、パートナーカードの入会同時申込みも必須事項となっているので、忘れずに事業パートナーのカードも申込みをする必要があります。

また、セルフバックの報酬が確定するのは、カードの申込みをしてから約2カ月ほどかかります(審査も1か月程度時間がかかります)。一般的なクレジットカード発行よりもかなり長い期間かかるようです。

セルフバックで入会できるクレジットカードを多数申し込めば、それだけノーリスクで現金の還元を享受することができるのですが、クレジットカードを短期間で何枚も同時申請すると、ブラックリストに掲載されてしまうというリスクがあります。経験上、毎月1枚申請程度にすれば問題はないかと思います。

実は、私自身10年以上前に、あまりに短期間に多数のクレジットカードを申請した結果、審査に通らなくなってしまったことがありました。ブラックリストに掲載されたかどうかは不明ですが、与信で引っ掛かってしまったのは明らかでした。

その当時、確か国内で4か所あった指定信用情報機関の1つであるシー・アイ・シー株式会社に、自分自身のクレジットカード信用情報開示報告書を依頼しました(100ページくらいの厚い報告書でした)。データを見てわかったのは、当時200枚以上保有していたクレジットカードのキャッシング枠が大幅に超過していたため、引っ掛かったことが判明、それ以降は、クレジットカード申込みでキャッシング枠をゼロにしています。

当時は、万が一与信に引っ掛かってしまったとしても、6カ月間何もしなければ自動的に解除されるということで、6か月後には問題なく審査で引っ掛かかることもなくなりました。

4.クレジットカード以外のセルフバック


セルフバックはクレジットカードに限らず、様々なサービスや商品にも利用できます。還元率が高いのは、通信回線契約や、サーバー契約などですが、WOWOWやHuluの契約で5セルフバックなんていうのもあります。


私はこのWOWOWのセルフバックをやりましたが、5,120円で2カ月間加入して、初月は無料で1か月分の2,300円の支払いのみで解約したので、2カ月間無料で、なおかつ差し引き2,820円が現金で還元されました。

WOWOWの加入方法もネットを検索するといろいろ出てきますが、実はA8.netのセルフバック経由で加入するのが最もオトクだと思います。

以上、ASPのセルフバックを使ったクレジットカード入会の紹介でした。

普通、クレジットカードの還元率というのは、最大でも1.5%程度なので、仮に25,000円をキャッシュバックで還元するとなると、170万円くらいカードで買い物をする必要があります。

それと比較すると、ASPのセルフバックは格段に有利です。入会の手間もそれほどかからないのですが、意外にも認知度が低いのは、ASPという仕組みが一般にはあまり馴染みが薄いからかもしれません。

(2019年4月25日 追記)

A8.netのセルフバックで、P-one Businessというビジネス用途のカードを作成しました。こちらは2019/01/11〜2019/03/31の期間のキャンペーンで、成果報酬は通常6,500円のところ、25,000円にアップでした。



キャッシング優遇金利キャンペーンで代表者カードの新規発行日から60日間、キャッシングを利用すると優遇金利5.95%が適用。この期間に利用した分は支払いが終了するまで優遇金利で利息が計算されます。カード使用者ごとに1枚ずつ計6枚まで発行可能!キャッシングご利用可能枠最高300万円でビジネスに関わる費用の決済に最適です。

成果報酬
新規カード発行25000円
キャンペーン
6500円→25000円
2019/01/11〜2019/03/31

こちらは三井住友VISAビジネスカード「For Owners」と違って、必要提出書類に事業実績確認資料のコピーが指定されていて驚きました。

発行手続きの案内

法人代表者の場合は、直近一期分の決算報告書(表紙、貸借対照表、損益計算書、販売費及び一般管理費内訳)のコピーを提出とかなり具体的に指示されています。

引き落とし口座振替依頼書も提出を求められますが、こちらは必ずしも法人名義の口座でなくともOKのようでした。

待つこと2週間ほどで、カードが届きました。


P-one Business Cardは初年度年会費は無料ですが、次年度以降は前年度にカードのご利用があれば次年度も無料、ご利用がない場合、次年度2,000円(税抜き)となっているので注意が必要です。

P-one Business Cardは入会キャンペーンでのキャッシュバックはないので、新規カード発行25000円分だけが利益となります。

これで、三井住友VISAカード エブリプラス、三井住友VISAカード For Owners、P-one Business Cardの3枚のカードに入会して、合計で94,400円を獲得しました。

コメント