[ジモティーの賢い使い方] 不用品を高値で売却するコツとは

ジモティーとは、地域情報を掲載できる掲示板サイト(アプリ)です。

ジモティーを利用すると、自宅で不用品となったモノの売買や無料での譲り渡し/譲り受けができます。登録料、利用手数料はもちろん、取引成立時の仲介手数料もすべて無料で利用できます。


商品の引き渡しは、地元で待ち合わせ場所を決めて直接できるので、ヤフオクやメルカリなどのオークションと違い、送料もかからないし、発送のための梱包作業も不要でとても便利です。

ジモティーで、不用品を高値で売却するためのコツを以下にまとめました。

1. ジモティーの特徴


ジモティーは、アクティブユーザー数(MAU)月間約1000万人(2020年現在)です。業界最大手のメルカリ(MAU1500万人)を猛追している勢いのようです。

2020年2月7日には、設立10年目にして東証マザーズに上場しています。まだまだ成長機会のあるサービスのようですね。

ジモティーで出品するためには、会員登録を行って、希望の商品を登録します。

ジモティーのホームページ(PC版)

ジモティーのホームページ(スマホ版)

「投稿画面へ」のボタンを押すと、以下のような登録した住所の町名がデフォルトとなって表示されます。

ジモティーへの出品方法

ここで重要なのは、売却したい不用品を、どの「カテゴリー」に出品するかです。

モノによっては、複数のカテゴリーのどこに出品すれば良いのか悩むときがあります。

そのときは、ジモティーの出品履歴を確認して、似たような不用品が「高値」で売却されたカテゴリー、もしくは、閲覧者の数が多いカテゴリーを見つけて、そこに出品するのが賢明です。

2. タイトルと内容は詳しく

ヤフオクやメルカリで出品した経験のある方であれば、タイトルと内容の書き方や、掲載する画像(最大5枚まで)についての定石は基本は同じです。

売りたい商品の「タイトル」「内容」は、ダラダラ書かずにできるだけ簡潔なほうが良いという意見もありますが、私は、「タイトル」も「内容」も、必要な要素は必ず盛り込んである程度詳細に書いたほうが良いと思います。

具体的には、

・商品名、メーカー名
・完動品かどうか、不具合があればどこが問題か
・いつごろ入手して何年間使っていたか、使用頻度
・使用環境(屋内、屋外、喫煙環境など)
・(外箱、説明書なども含めた)付属品の有無

は必須です。この情報がひとつでも欠落していると、写真だけでは購入判断に迷ってしまいます。

商品の説明書、保証書など

あとは、状況に応じて

・Amazonでの販売価格や入手の可否
・寸法や重量、メーカーのホームページURLなど

があれば親切ですが、これらの情報は、購入者が調べることができるので、書いていなくとも問題はありません。

ジモティーの出品のなかには、「内容」がたったの1行だったり、「タイトル」も「ソファー」「自転車」と、たったの一言の出品も多いのです。

ジモティーの出品一覧

二足三文で売り払うのであれば問題ないですが、これでは高値で売れる見込みはありません。。。

また、商品の「内容」に、傷やへこみ、汚れの状態を丁寧に書いている出品も良く見かけますが、これも不必要に商品の価値を下げてしまうだけです。

ジモティーに出品している商品はほぼすべてが中古品なのですから、多少の傷やへこみはあって当たり前です。

実用に支障があれば別ですが、商品の外観は、写真の情報だけで必要十分だと思います。

3. 写真は背景が重要

逆に、写真のクオリティは非常に重要です。

これはヤフオクやメリカリでも同じことが言えるのですが、商品自体の映り具合もそうですが、それ以上に、「撮影する背景」が非常に大切です。

商品に何の影響もない「撮影する背景」がどうして重要か?

もちろん、背景が良ければ商品が見やすい、見栄えがするというのもありますが、「撮影する背景」がしっかりしているということは、出品者の高い信頼度を裏付けることにも繋がります。

ジモティーは、取引が始まると、当事者同士のメッセージのやり取りはジモティーは関与しないので、商品の受け渡しも含めると、取引相手の信頼度が重要となります。


ここは、取引相手の与信をシステムが管理してくれるヤフオクやメルカリと決定的に異なる点です。

「撮影する背景」を大切にすることで、商品を如何に大切に扱ってきたか、取引相手として信頼できるか、が判断されるのです。

信頼度ということでは、商品の「外箱」「説明書」「保証書」も大切です。どれも役に立たないかもしれませんが、揃っているということは、売り主が商品を大切に扱っていることの信頼度に繋がります。

大型商品の外箱を保管しているケースはあまり多くないと思いますが、「説明書」「保証書」は、確実に高値売却に繋がるので、必ず明記しておきましょう。

4. 価格は短期勝負で

ジモティーはオークションと違って無期限の投稿なので、少しでも価格が高いと思われてしまうと、ずーーっと投稿だけされてダラダラといつまでも売れ残ってしまいます。

しかも、メルカリと違い、価格を下げたとしても、お気に入りにマークしてくれたユーザーに値下げの通知はされません。

また、一度取り消した商品の再投稿は、60日を過ぎないと再掲載できないルールになっています(写真や説明を変えて別商品として再投稿すれば可能ですが)。

仮にある期間経過したあとに、価格を下げてバーゲン品にしたとしても、閲覧者の数はそのままの数なので、閲覧者が多いのに長期間取引されていない売れ残り商品にしか見えません。

商品が売れ残っているということは、新規の閲覧者から見ると、相場より値段が高いか、商品に魅力がないと判断されてしまいます。

私も以前、出品した商品(AVアンプ)がなかなか売れないので、思い切って30%値引きしてみましたが、何の効果もなく、結局売れ残ってしまったことがあります。

長く投稿されているとそれだけ商品価値が下がってしまうのです。

つまり、ジモティーは、投稿してすばやく売り抜くことが最も重要です。

ここがヤフオクやメルカリと違う点です。

高値で投稿して、いつの日か、誰かがこの商品を検索で見つけてくれて買ってくれる。。。という期待はあまり持たないほうが良いでしょう。


そのためにも、価格付けは、慎重に、ある程度思い切って割安感を出せるように付ける必要があります。

どうしても高値で売りたいのであれば、商品説明や写真にそれなりの工夫をする必要があるでしょう。

5. 高値売却の具体例

以下では、私が最近高値で売却した商品の具体例を挙げて、それぞれどのようなコツで高値売却できたかを説明します。

5.1 電子ピアノ☆ヤマハ クラビノーバ☆ CLP-411(1996年製)



□商品説明

椅子、取扱説明書、カタログ、納品書など付属品はすべて揃っています。
完動品です。故障もありませんでした。
1996年に当時のLAOXから新品購入したものです。
大きな傷やへこみなどは皆無ですが、20年前の商品ですので細かな傷などはあります。

製品の詳細は以下をご参照ください。
https://www.instructionsmanuals.com/sites/default/files/2019-05/Yamaha-CLP511-ja.pdf

重さ64kgありますが、ネジで上下などが分解できますので持ち運びは普通の乗用車でも可能です。

一戸建ての1階にあります。
引き取りに来れる方(敷地内駐車場あり)、日時時間はご相談に応じます。
運び出しはお手伝いできます。
(配送業者への依頼の場合、都内であれば8000円くらいで赤帽関連の業者にできると思います)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この電子ピアノは、私の記念すべき最初の出品でした。

商品説明には、前述した必須項目がすべて明記されています。

・商品名、メーカー名 
→ ヤマハ クラビノーバ☆ CLP-411
・完動品かどうか、不具合があればどこが問題か 
→ 「完動品です」
・いつごろ入手して何年間使っていたか、使用頻度 
→ 「1996年に当時のLAOXから新品購入したもの」
・使用環境(屋内、屋外、喫煙環境など)
→ 「屋内」
・(外箱、説明書なども含めた)付属品の有無
→ 「椅子、取扱説明書、カタログ、納品書など付属品はすべて揃っています」

写真のほうは。。。「撮影する背景」についてはあまり配慮されていませんね。。。

右上のほうに書籍棚が映り込んでしまっています。本来であれば、書籍を撤去して撮影すべきでした。。。

20年前のクラビノーバにしては12,000円の高値で売却できました。

5.2 子供用自転車(20インチ)屋内保管のため美品、鍵2本、防犯登録カード、アクセサリなど付属




□商品説明

2014年5月31日にサイクルベースあさひ(田園調布店)で20,078円で新品購入したものです。
ペシェ(Peche)20インチ、ブルー、6速シフト、前後ライト付きです。

常時屋内保管していたため、コンディションは非常に良く、目立つ錆や傷などはほとんどありません。タイヤも写真のとおりほとんど摩耗していません。

ベルはお洒落なダイヤモンドベルに交換、鍵は2本付属、別売のホイールに付けるカラフルなアクセサリもお付けします。説明書、防犯登録カードも揃っています(補助輪は付属しません)。ご希望で一緒に購入した同系色のヘルメットを1000円でお譲りします。

サドルの高さ調整はクイックレバーで簡単にできますので、すぐにお乗りになれます。
引き取り希望します(車で来られる方は自宅の駐車場をご利用ください)。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この子供用自転車の出品では、特に写真撮影に留意しました。

子供用自転車の出品をみると、斜め上方から(大人の視線で)撮影しているのが結構あるんですね。

こんな感じです。

悪い例(実際の投稿より)

如何にも「単に撮影しました」という雰囲気で、自転車カゴばかり目立ってしまい、商品に魅力を感じません。。。

実は、自転車は右サイドから撮影したものが一番写真映えするのです。

投稿した写真は、右サイドから視線を子供の視線に下げた状態で撮影しています。


また、自転車の前の白いカゴは、玄関のホワイト色のタイル壁に溶け込んでしまわないよう、敢えて濃い色の玄関ドアの前にポジショニングさせています。

撮影した日は、晴れ時々曇りだったのですが、太陽が出ている晴れ間に撮影すると、自転車の日陰が地面に写ってしまって商品が分かりずらくなるので、曇りになるタイミングを見て撮影しました。

残りの写真選択も知恵を絞って、50枚以上の写真から、タイヤの摩耗が少ないことをアピールできる写真と、子供が喜ぶアクセサリをスポークに装着した写真を選びました。

タイヤの摩耗が少ない

子供が喜ぶアクセサリ

この写真を選択したことは大正解でした!

メールでやり取りしていたお母さんからのメッセージには、「小学2年生の娘が、あのアクセサリがカワイイ!と気に入りました」と書いてありました。

また、引き取りに来たお父さんは、「タイヤの摩耗がほとんどないので余程使わなかったのでしょうか?」と驚いていました。

6年前に20,078円で購入した自転車が、半額に近い9,800円で売却できました。

実は、この自転車は、投稿してから数日で合計で6人から問い合わせが殺到しました。

屋内保管で程度の良い自転車だったので、9,800円はちょっと安過ぎたかもしれません。

5.3 ストッケ(STOKKE)トリップトラップ パープル



□商品説明

2011年11月に通販(ガリバーオンラインショッピング)から19,530円で新品購入したものです。
ベビーチェアとして有名なトリップトラップのパープル(限定色)です。

現在ガリバーオンラインショッピングでは全色売り切れ、アマゾンではプラムパープル30,250円で販売されています。

使用感はそれなりにありますが、使用上は不都合はありません(別売のベビー落下防止用ハーネスは付属しません)。

サイズ 幅46.0cm 長さ49.0㎝ 高さ79.0㎝ 質量7㎏

自宅まで取りに来ていただける方で、2020年4月26日(日)から5月3日(日)までに引き取りに来ていただける方にお願いします(車で来られる方は自宅の駐車場をご利用ください)。

複数お問合せがある場合には、1番早くお取引のご連絡して頂いた方を優先させて頂きます(別途出品中のホワイトと2台同時購入希望の方は最優先させて頂きます)。

PayPayでのお支払いもOKです。

ノークレーム・ノーリターンでお願いいたします。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ストッケ(STOKKE)のトリップ トラップは、子どもから大人まで快適に座れる、子どもとともに成長する椅子(ハイチェア、ベビーチェア)です。

出品カテゴリを「一般の椅子」「ハイチェア」「ベビーチェア」のどれにするか、悩みました。

最終的には、「ベビーチェア」のカテゴリで出品しましたが、理由は、ストッケ(STOKKE)を購入する人は、まず「ベビーチェア」として購入するのが一番多いだろうという想定からです。

購入意欲を刺激するため、

「現在ガリバーオンラインショッピングでは全色売り切れ、アマゾンではプラムパープル30,250円で販売されています」

と敢えて、在庫不足、商品の価格高騰を暗示するコメントを入れました。

また、この投稿では、ジモティーの無期限投稿という特徴を逆手に取って、

「2020年4月26日(日)から5月3日(日)までに引き取りに来ていただける方にお願いします」

と、ゴールデンウィークの期間1週間の限定の出品であることを明記しました。

(もちろん、本当はいつでもゆっくり売却しても問題ないのですが)

オークファンで、トリップ トラップの過去の落札価格の相場を調べたところ、10,064円でした。

オークファンの過去の落札相場

ヤフオクの出品はほとんど送料は落札者負担なので、仮に2000円とすれば、平均で12,000円くらいで購入されていることになります。

そこで、パープルは12,000円、やや傷や汚れのあるホワイトは9,800円と、手ごろ感のある価格を設定しました。

すると、出品後わずか数時間で、別途出品していたホワイトと一緒に、同じ購入者によってあっという間に売却されました(ホワイトのほうは他に3人の方から問い合わせが来ました)。


9年前に19,530円で購入したストッケが、半額以上の12,000円の高値で売却できました(もう一つのホワイトのストッケは、11年前に22,800円で購入で9,800円で売却)。

2脚合計で、42,270円で購入したものが、21,800円と半額以上で売却できたことになります。

ストッケのトリップ トラップ出品は多いですが、これだけの高値で売れた例は稀だと思います。

ストッケのトリップ トラップ出品一覧(終了分)

ジモティーは、家具など大きさのかさばるものを手軽に売却するにはとても便利なサービスです。ヤフオクやメルカリと上手く使い分けて利用するのが良いと思います。

以上、ジモティーで不用品を高値で売却するためのコツをまとめました。ジモティーで出品を考えている方の少しでも参考になれば幸いです。

コメント