【パークランジャパン(park run Japan)】二子玉川パークランで気軽に5kmを走ろう

パークラン(parkrun)に参加して、ジョギングを習慣に始めませんか?

パークランは、は、毎週土曜日の朝に5キロを走る無料のランニング/ウォーキングイベントです。誰もが自由に安全に参加できます。

ジョギング初心者も、シリアスなマラソンランナーも、みんなが楽しめる素晴らしいイベントのパークラン。

パークラン

ジョギング初心者の妻も引き込んで、今は毎週土曜日の朝に一緒に走っています。

ジョギングなんてまるで興味がなかった妻も、今では毎週末のパークランを楽しみにしています。


1. パークランジャパン

パークランはイギリスで2004年に始まったイベントで、世界各国に広まりましたが、2019年の春、ついに日本に上陸。

日本では住友生命がスポンサーになっています(参加は無料です)。


パークランジャパンとして、都内近郊では3か所(二子玉川、渡良瀬川、柏)、全国12か所で開催されています。


当初は世田谷区の駒沢公園での開催を予定していたそうですが、他の利用者の邪魔にならないようにコースを確保するのが厳しく、現在の二子玉川などの河川敷での開催に変更になったそうです。

参加者は、事前にパークランの公式サイト(こちらです)に登録して、バーコードが印刷された紙を持参するだけ(紙を忘れても走れますが、記録が残りません)。

バーコード

パークランで走るのは簡単です!

スタート地点に走る恰好をして集合します(バーコードの紙だけは忘れずに!)。

土曜日の午前8時に参加者が一斉にスタートします。

カウントダウンとともに、スタートしたら、自分のペースで、決められたコース内を走って5km先のゴールを目指します(コース沿いには、ボランティアのスタッフが常駐して誘導してくれます)。

途中で歩いても、途中で抜けても、他のランナーに迷惑がかからなければ何をしてもOKです。

記録狙いの速い人、のんびりな人、親子、犬連れの人、なかにはベビーカーを引いて走るお父さんなんかも。。。

どんなにペースが遅くても、最後尾の走者のうしろにはアンカーがついていて、しっかりサポートしてくれるので安心です。

5kmを走り切ってゴールしたら、ゴールで渡されたチップと持参したバーコードの紙をスタッフに渡すと、その場で記録をアップロードしてくれる仕組みです。

バーコード


チップ

記録はその日に公式サイトにアップロードされます。

公式サイトの結果

自己記録更新を狙うもよし、参加回数を目標にするのもよし、もちろんただ単に気まぐれで参加するのも全然オーケーです。

2. 二子玉川パークラン

私は、たまたま自宅の近くの二子玉川の河川敷でパークランのイベントに出会い、それ以来、毎週のように参加しています。

二子玉川パークランは、毎週土曜日の午前8時にスタートです。

集合場所は、二子玉川公園にあるスターバックス近くの多摩川の河川敷。二子玉川ライズの近くです。最寄り駅は、二子玉川駅もしくは上野毛駅です(どちらからも徒歩10分くらい)。

二子玉川パークラン

コースは、河川敷を二子橋方面に向かい、橋の手前で折り返し。3周回で5kmを走ります。ほぼ完全にフラットなコースです。


コース

いつもだいたい100~150人くらいが集まります。半分以上が外人さん(観光客と、海外赴任で日本に住んでいる方)というのが特徴です。

スタート前

スタート前に簡単に日本語と英語で説明がありますが、準備運動とかはそれぞれ各自で済ませましょう。

スタート前の説明

上の写真は10月の台風19号で多摩川が氾濫した2週間後の10月26日に撮影したものです。まだ水溜まりが残っていました。

外人さんが多い

この日は、朝ランで多摩川を走っていたら、偶然このイベントに出くわし、パークランを知ることになりました。

ちょうどラグビーワールドカップジャパンが開催中で、日本に訪れている観光客でパークランに参加した外国の方も多かったようです。

午前8時にスタート。みな一斉に走り出しました!

スタート

河川敷沿いの舗装路の脇道がランコースになっています。一般の歩行者の邪魔にならないように配慮されています。


コースの右手に見えるのは二子玉川のシンボルタワーのライズマンション(億ション)です。奥のビルは楽天本社ビル(クリムゾンタワー)です。


二子橋の手間で折り返し地点をUターン、周回で走ります。

(以下は11月2日撮影)


翌週の11月2日は快晴の天気に恵まれました。


ガチで走る速いランナーは自己ベスト更新を狙っているのかもしれませんね。


一方、折り返しをウォーキングでのんびりと歩いている人もたくさん。みなマイペースで走れるのがパークランの良いところですね。

(以下は11月30日撮影)

この日は一気に冷え込んで富士山が見事に見える朝でした!

多摩川超しの富士山

愛犬と一緒に走る人もチラホラ


二子橋手間の折り返し地点。

折り返し地点

ボランティアの方に「ナイスラン!」「頑張って!」と応援してもらいます。


ボランティアのスタットの方には本当に感謝です!

そして、2周目は左、3周目(最終周)は右にコースが分かれます。ここにもボランティアのスタッフの方が。

ゴールの分岐

下の写真は、親子でしょうか。小さなお子さんも頑張って完走を目指します!

親子で完走を目指します(背景には富士山)

無事にゴールしたら、渡されたチップとバーコードを一緒にスタッフの人に渡すと、その場で記録をインプットしてくれます。

チップとバーコードで入力

リザルトはその日のうちに公式サイトに掲載されます。ちゃんとエイジ別、男女別に分かれており、最初の参加者は若葉マーク、自己ベスト更新者はPBと表記されています。

パークランのリザルト

11月30日(土)のリザルトでは、一番でゴールはLeigh STOKESさん、記録は18分35秒、速い!!

ラストでゴールはKimiko HIRANOさん、記録は58分25秒。参加人数は104名でした。

リザルトを見ると、速い人も遅い人も同じように楽しめるランイベントなのが良くわかると思います。

ちなみに、パークランは、出走した回数ごとにTシャツがあるようで、Tシャツに大きく出走回数が書かれています。

先日は、250と書かれたTシャツを着ているシニアな外人ランナーがいて頭が下がりました。

そして、パークラン終了後は、近くのスターバックスコーヒー二子玉川公園店にランナーが集まります。こうして知り合いが増えてゆくのも良いものです。

3. 気軽にジョギングを

以上、二子玉川パークランの紹介でした。

みんなで気軽に走って、安全で、しかも記録もしっかりと保存してくれる無料のファンランイベントって意外に少ないですよね。

パークランは、ジョギングを始めるきっかけを探している人にはピッタリのイベントです。

コメント