[デッサンカリキュラム #9 - 足(1)] 初の人体モチーフは凶器鉛筆で!

今日の絵画教室は、デッサンカリキュラムの第9回目 - 「足」(前半)です。


デッサンカリキュラム初の人体モチーフに挑戦。

3日間かけて仕上げるということで、今日はその初日です。果たしてどこまで進められるのか?

1. デッサンの参考書

「いちばんていねいな、基本のデッサン」の「手」を参考に予習をしました。


「モチーフは指の円柱を意識して描く」なるほど。。。

「細部を描こうとせず、手首、手のひら、指のかたまりでとらえましょう」これもなるほど。。。

まずはB系のやわらかい鉛筆で、練り消しを使ってやわらかい質感を出すように、書き進めるとあります。

2.

最初に、どの方向から描くかを決めます。









いろいろ角度を変えてみて、最終的には指が手前に突き出したボリューム感のある角度を選択!


先生からは「この角度は遠近法もあるので難しいですよ!」と言われてしまいました 笑

次に、先生から「HBを凶器になるくらい尖がらせて削って下さい」と指示が


なんでも、アトリエでは「凶器鉛筆」と呼んでいるらしいです。。。カッターで芯がポッキリ折れないように注意しながらなんとか完成。


この鉛筆を寝かせた状態で、まずはモチーフの構図をふんわりと描きます。


石膏の足を固定している四角の台に、枠に合うように切り取った画用紙を乗せて平面を作ります。


レイアウトを決めるために、DESKEL-Bというデッサンスケールを利用しました


画用紙にDESKEL-Bと同じグリッドを薄く描いて、それを拠り所に構図を決めます


枠線は練り消しですぐに消去


先ほど準備した凶器鉛筆を使ってデッサン開始


まずは陰影だけで、指の細かいところは無視


親指と小指は残りの3本の指とは独立して甲から伸びているので、そこを修正しました


夢中で鉛筆の芯の腹でデッサンしていたら、ポキッと鉛筆の芯が折れてしまいました。。。

気を取り直してカッターで凶器鉛筆を再び作ります 笑

まだ全然足らしく見えないが。。。何となくモチーフ全体像はひとまず完成


凶器鉛筆からHのハッチングに切替えます。

要領は、以前の円柱のように、ストレートに長い方向は同じ方向に、曲線部分はぐるりと曲がったハッチングを意識します。

デッサン開始から2時間経過で、まだこのレベル


指や足首はそれぞれ円筒だと思ってその方向にハッチングします。

親指と小指の先が特に難しい。。。悪戦苦闘しながらひたすらハッチング

影もしっかりと描きます

気が付いたらデッサン開始から3時間半経過、まだハッチングさえ終わっていない 笑

デッサンカリキュラム #9 - 足(前半)

4時間近くかけて、初日はここで終了

黒々と日焼けした足になってしまいましたが、濃淡はあとで練り消しで調整可能なので今は気にしません。

今回はデッサンスケールを使ったおかげでモチーフの形状の模写はまずまずでは?


今日のノートです


ディテールに拘らず、全体を見回す(時おり席を立って遠くからぼんやりと眺める)のは大事


ハッチングの「面の流れ」も大事なポイントですが。。。まだまだ描けていません


毎回ですが、無我夢中で取り掛かるので時間があっという間に過ぎ去ります。

次回は果たしてどこまで進められるか?

     
[絵画教室に通い始めました] デッサンカリキュラムを開始、現代アート作品を描く日を夢見て

コメント